にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

お店が選ばれる理由を口コミから逆算する2つの重要なキー

目安時間 58分

 

こんにちは。        

 

 

ちょっとふと気になった「枕詞」(まくらことば)って言葉を、、、          

 

 

 

そしておもむろに調べてみた新町です。      

 

 

 

 

イヤ、ふと気になったんですよね・・・        

 

 

 

 

枕詞って、エロいんじゃねぇ〜??        

 

 

 

ホラ、英語うまくなるには、ピロートークが一番って。        

 

 

 

 

 

それってエッチのあとの、ピーチクパーチクってことでしょ??        

 

 

 

それで、ピロートークを日本語で検索しても、枕詞って出てこないんです。汗        

 

 

 

 

じゃあ、、、        

 

 

 

 

 

枕詞ってもっとすごいんじゃないの?        

 

 

 

 

やっぱり!?って思っちゃいますよね??        

 

 

 

 

で、新町は調べてみましたヨw          

 

 

 

 

 

昔の歌文に見られる修飾法。  

主なまくらことば ・かぶり・よそひ・かざし・玉かずら・あしひきの・あらたまの・たらちねの

 

 

ねっ!?          

 

 

 

やっぱり思った通り!!      

 

 

 

 

 

エロかった!!(*´ω`*)♪‥       

 

 

 

 

 

ちょっと言葉の意味は曖昧ですが、日本人なら、なんとなく言葉のニュアンスから伝わりますもんね。      

 

 

 

 

別に言葉の意味はわからなくても。      

 

 

 

 

 

 

なんとなくのニュアンスが分かるって、日本語のいいところですよね?        

 

 

 

 

 

一応、言っときますけど。      

 

 

 

 

この一語一語の意味を、しっかり調べ上げるほど、変態じゃないですからね。        

 

 

 

 

朝から少しかしこくなった新町です。        

 

 

 

 

ちょっとこれから。      

 

 

 

 

人前では、枕詞は使わないようにしないと。        

 

 

 

 

 

「こんなところで枕詞言うって、チョット不謹慎ですよ!!」      

 

 

 

 

「枕詞を使う時は、もっと場をわきまえてください!!」      

 

 

 

 

「もう食事の時に、枕詞を使うのは、やめてください!!」          

 

 

 

 

 

なんていい大人が言われたら、恥ずかしいですから・・・          

 

 

 

 

まあ若い頃ならともかく、今どき枕詞をどうこうっていう年頃でもないですしね。          

 

 

 

みなさんもエチケットはちゃんと守って、Mトークはお楽しみください。m(__)m    

 

 

 

 

 

お店が選ばれる理由を口コミから逆算する!!

             

 

 

 

早速今日も本題に入っていきましょう!!            

 

 

 

 

たくさんあるお店の中で、あなたのお店を選んでもらうためには、何をしていけばいいいのか?          

 

 

 

 

 

これについての伝え方のお話していこうと思います。          

 

 

 

多くのお店の中から、あなたの理想のお客さんが選んでくれるために、どうやって行けばいいのか?          

 

 

 

 

 

結構悩みませんか?          

 

 

 

 

 

どうやれば選ばれる理由になれるのか?      

 

 

 

 

本当に週刊誌とか観てると。        

 

 

 

 

「女は子宮でモノを考える」      

 

 

 

 

 

っつて、書いてあるの観るとね。        

 

 

 

 

イヤ、本当にズルいなって、考えるところいっぱいあるんだなって。        

 

 

 

 

 

 

女性っていいなって思ったりするんですけど。      

 

 

 

 

男なんか真ん中のアンテナで反応するくらいで、考えることできないしなぁ〜。        

 

 

 

 

 

 

でもいくら女性でも、この答えはなかなか出てこないと思いますよ。        

 

 

 

 

 

じゃあ、どうやって答えを導き出すのか?        

 

 

 

 

それは・・・            

 

 

 

 

「同情するなら、金をくれ!!」ならぬ、        

 

 

 

 

 

「同情するから、金をくれ!!」        

 

 

 

 

 

このことについて説明していきます。m(__)m            

 

 

 

 

 

社長様を目の前に、失礼を承知で申し上げるとすれば。        

 

 

 

 

 

もし、売上を上げたいなら・・・          

 

 

 

 

まず、社長の仕事を多くすることです。        

 

 

 

 

社長であるあなたの仕事は、極端に申し上げますと。          

 

 

 

 

商品を作ることでもなければ、サービスをすることではないんですね。        

 

 

 

 

 

「そして社長であるあなたの時間は最も高い出費である」ってことです。      

 

 

 

 

 

なので、「誰よりも最後に働く」ってことを、強く意識してください。      

 

 

 

 

 

売上を上げたかったら、ここは何よりも優先に考えていかないといけないんですね。        

 

 

 

 

 

でも、分かります、分かりますよ・・・          

 

 

 

 

小さな零細企業が、社長自ら先陣を切って自ら戦わないといけない現状だということは。      

 

 

 

 

新町も百も承知です。      

 

 

 

 

実際、偉そうなこと言ってますがね。      

 

 

 

 

 

 

新町も、だ…大地よ海よ  

 

 

 

 

そして生きている全ての  

 

 

 

 

みんな…    

 

 

 

このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!      

 

 

 

 

ってくらいの気持ちで、スタッフと一緒に戦ってました。      

 

 

 

 

 

 

だから、ソコ!!      

 

 

 

 

ダメだったんですよね…。
(職人気質が抜けきれなかった。)      

 

 

 

 

 

そして何よりも社長の時間を大切にしなければいけないんですね。      

 

 

 

 

 

 

もう時間なんて、経営者だろうが、誰だろうが、等しく平等に与えられた、唯一増えない資産です。      

 

 

 

 

 

お金やスタッフ、情報は増やすことはできても、時間は、私達の経験と引き換えに減っていきます。      

 

 

 

 

時間は有限なんですね。      

 

 

 

 

 

そのために最も最速最短で、時間とお金を得ていく考え方に、選択と集中をしていくことが重要になってきます。      

 

 

 

 

 

なので、零細企業の社長の時間はやることがたくさんあります。      

 

 

 

 

 

 

そもためにも、常に重要な問題と課題にことに当たっていかなければ、日頃の雑務に追われて、本質なものを見失ってしまいます。汗        

 

 

 

 

 

それを見失わないための、魔法のコトバ。      

 

 

 

 

 

「この〇〇をやることが、自分の時間とお店の利益を増やすことか?」      

 

 

 

 

 

この答えに、NOであれば、社長が自らする必要のない仕事なのです。        

 

 

 

 

たとえばあなたの目標が、      

 

 

 

 

「海賊王に、おれはなる!」    

 

 

 

だったら、もうひたすら海賊王になる時間だけを取捨選択してあなたの時間を使っていくことです。      

 

 

 

 

 

そしてそれが、海賊王になるための仕事じゃなかったら、絶対にしないって選択することです。      

 

 

 

 

つまり経営において最も重要視するもの。      

 

 

 

 

 

すなわち、あなたの社長の時間を守ることと、お店の利益をなによりも優先して考えることです。          

 

 

 

 

まずは、しないってことから決めてください。m(__)m        

 

 

 

 

そして最初何をやるかよりも、何をしないかを、最初に決定することです。        

 

 

 

 

 

 

そのためには、しないって決めてください。        

 

 

 

 

そして人やツールに委託して、自分の社長の時間を確保するんです。        

 

 

 

 

社長のしごとは、主に4つ。      

 

 

 

コレは前回も言いましたよね?  

 

 

 

 

 

 

収益を呼ぶ、社長の4つの仕事

     

 

 

 

4つの社長の仕事  

 

 

 

1.スタッフに給料を払うこと  

 

 

 

2.仕組みを作り、それを管理すること  

 

 

3.マーケティングすること  

 

 

 

4.経営戦略を決めること
(儲かるビジネスのデザイン)      

 

 

 

 

でしたよね?      

 

 

 

 

その中で、給料を払うことは、絶対です。      

 

 

 

 

 

でも、この残り3つをやれば、1は達成できます。      

 

 

 

 

これ以外は、やらないと決めてください。      

 

 

 

 

「この○○をやることが、自分の時間とお店の利益を増やすことか?」      

 

 

 

がNOであれば、    

 

 

 

 

 

まず、社長(オーナー)がやらない。    

 

 

 

 

社長の仕事委託の3つの行動指針

 
 
 
 

    社長の仕事委託の3つ行動指針

 
①インターネット、ITやツール、機械にやらせる。
(お金を払って時間を買う。)
   ⇓


②人(スタッフや外注業者)に任せる。
   ⇓    
③最後に自分でやる。
(最後の最後)

 


この順番で降り掛かった仕事を委託してください。

     
まず①インターネット、ITやツール、機械にやられなかいかを考える。        

 

 

 

 

 

これは業務を迅速かつ効率的に遂行させるため、一番安価でしかも、確実に結果が出ます。        

 

 

 

 

 

なので、わざわざ社長の貴重な時間を使ってやらなくとも、そしてスタッフや人を使わなくても、確実に望む結果が出ます。        

 

 

 

 

 

ここで基準として考えていただきたいものは。        

 

 

 

 

学校の教育で学んだ、計算や、統計などですね。        

 

 

 

 

こういったものは、ITや機械、インターネットで有料、無料でも優れたツールがそろっております。            

 

 

 

 

ITや機械、インターネットで有料、無料でも優れたツールででもできないとしたら。          

 

 

 

つづいて。        

 

 

 

 

 

②人(スタッフや外注業者)に任せられないかを考える。        

 

 

 

 

②人(スタッフや業者)に任せるでは、外注化から考えてみましょう。      

 

 

 

 

とにかく、お金はスタッフだろうが、外注業者だろうが、払うことになります。      

 

 

 

 

ただ、あなたがデザインをやりたいと思いたち、さっきの質問をするんです。    

 

 

 

 

「この〇〇をやることが、自分の時間とお店の利益を増やすことか?」      

 

 

 

 

たぶんNOですよね?      

 

 

 

 

いちいち最初から、イラストレーターを学ぶのは、莫大な時間とコストがかかります。        

 

 

 

 

それなら、一番うまく解決できる人に任せた方が結果、早いですよね?        

 

 

 

 

だから、お金で時間を買って、あなたは収益を増やす時間に留意するようにするんです。汗        

 

 

 

 

 

 

そして、それがダメなら、スタッフに任せるようにして、時間を確保した方が、結果が早いです。        

 

 

 

 

もうスーパーカー並み!!        

 

 

 

 

 

最後に誰も出来ないなら、社長の仕事です。        

 

 

 

 

もうその時は、やるしかないですね。          

 

 

 

そして社長の仕事に戻しましょう。      

 

 

 

 

 

業績を伸ばすための3つの社長の仕事

           

 

 

 

 

 

さてここまでお話してきて。      

 

 

 

 

あなたは社長の仕事に集中できる時間を持つことが出来ました。        

 

 

 

 

 

ここで、社長の時間に簡単に人からかかってきた電話に簡単に取ったらダメですよ。汗        

 

 

 

 

そして頻繁に、SNSなどをチェックするのもなしです。        

 

 

 

 

毎日、SNSでアップするのも、スタッフだってできます。        

 

 

 

 

 

過去の新町も、無料だからって、社長自らSNSの投稿をするから、時間がかかる上に、結果があまり出なかったんですね。汗        

 

 

 

 

 

なので経営者なら、ビジネスに投資して、明らかに効率性を図るべきです。        

 

 

 

 

それは仕組みを使って。      

 

 

 

 

仕組みの定義は過去の記事で詳しく説明しています。        

 

 

 

 

超頭良くなった気がしますw          

 

 

 

過去の記事はこちら。      

 

 

 

飲食店の儲かる仕組み作りで経営スピード化する方法全部見せます      

 

 

 

 

 

飲食店の儲かる仕組みを作れば、ビジネス成長がグンと早くなる      

 

 

 

 

飲食店の成功するには任せる仕組みが秘訣          

 

 

 

 

仕組みを作って、社長の時間を外部から取れないよう、守ってください。      

 

 

 

 

さて小さなビジネスは、以前、経営の8割の資源を、販売に注げというお話をさせてもらいました。        

 

 

 

 

 

 

なぜならば、小さなビジネスは、販売とセールスが何よりも優先する、一番の課題であり。        

 

 

 

 

 

そして以下に早く、商品やサービスの普及率、ひいては、お店の認知度を、10%近く上げるか、これが大きな課題です。      

 

 

 

 

 

まあよく言うキャズム理論と呼ばれる、ある一定数を超えると、急に普及率や、認知度が上がる数値があります。        

 

 

 

 

商品やサービスにも寿命があるんですね。         最初の商品をリリースして、それが軌道に乗る曲線があります。      

 

 

 

 

どうしても最初の導入期は、ほぼ横ばいの低水準の頃があります。      

 

 

 

 

 

 

そして成長期、成熟期、衰退期を、Sカーブのように描くんですね。  

 

 

 

               

 

 

 

多くのスモールビジネスはこの導入期の低水準の、ゆっくり右肩上がりの期間を、技術や商品に目が行き過ぎて、この段階を乗り越えることが出来ません。          

 

 

 

 

しかし、これを乗り越えたら、成長期、つまり急成長の段階に入ります。          

 

 

 

 

これはだいたい普及率や認知度が市場全体の12.13%を超えたあたりから急に増えます。        

 

 

 

 

ここは一番広告費を使って、普及を加速させる段階です。        

 

 

 

 

そしてピーク時の成熟期は一番利益性が高いんですね。        

 

 

 

 

これを一挙に超えた事例としては。        

 

 

 

いきなりステーキ、ライザップ、メルカリなどが一挙に、キャズムとかティッピング・ポイントと呼ばれる普及率を超えるある時点を一挙に超えています。        

 

 

 

 

できれば、この導入期をできるだけ早く社長の経営の8割の資源を使って、突破するんですね。        

 

 

 

 

そこで社長がやらないといけないことは。          

 

 

 

2.仕組みを作り、それを管理すること  

 

 

 

 

 

3.マーケティングすること  

 

 

 

 

4.経営戦略を決めること (儲かるビジネスのデザイン)        

 

 

 

もしあなたが売上を上げたいなら、この3つに集中することです。        

 

 

 

つまり社長の時間を使ってやることです。    

 

 

 

 

社長の仕事の一番の時間は、2つに集中

       

 

 

 

 

 

・稼ぎたいなら、販売・集客、この2つをやれ      

 

 

 

 

そのためには、伝えることだ!        

 

 

 

 

別に最新のことはやる必要はないよってことです。        

 

 

 

 

やることは、変わらないってことなんですね。        

 

 

 

 

実際は、コロナ禍で、去年の1月と比べると。        

 

 

 

 

 

まあ圧倒的に、結果は変わりましたけど。        

 

 

 

 

 

それでも、我々は経営の足を止めてはいけません。        

 

 

 

 

 

 

 

たとえば、その影響で、これからのマーケティングは、これだって新しいものが、グッと早まったものはありますけども。      

 

 

 

 

 

 

たとえば、ネットに主な仕事がシフト、ライブ発信、ズームは去年すごい勢いで普及しました。          

 

 

 

 

基本的なものは、何も変わっていない。          

 

 

 

 

 

やれ、ツイッターだー、Instagram、動画広告、アマゾン広告だってあげればいっぱいで、もうキリがありません。汗        

 

 

 

 

 

 

確かに有効な市場にいち早く、優位なポジショニングを取れば。        

 

 

 

 

 

明らかに、フォロワーの数が増えます。        

 

 

 

 

 

しかし、その新規参入する労力は、一瞬で継続できない場合も多いのです。        

 

 

 

 

 

これは過去の歴史がそれを物語ってきました。        

 

 

 

 

 

先程のキャズムを超えたあたりで、普及率と周りが成果を出した頃で、参入しても、ぜんぜん遅く有りません。        

 

 

 

 

 

なので業績を上げるために、新しいものをやる必要はありません。        

 

 

 

 

 

 

新しいものを色々手を出すよりは、今までの広告で出しているものをしっかりと見直して。        

 

 

 

 

 

そして効果を勉強して、極めるってことです。        

 

 

 

 

 

そっちの方が、無駄がなく確実に業績が上がると思います。          

 

 

 

 

 

 

 

それもそうで、どれをやるかってことよりも、伝え方の技術をあげようぜってこと!        

 

 

 

 

 

 

新しいものをやるより、今効果のある広告をやって効果を上げるために、学ぶこと。        

 

 

 

 

 

これが絶対売り上げ上がりますから。        

 

 

 

 

 

 

そしてこの状況でも効果があるってことは、来年も再来年も、使えますから。        

 

 

 

 

 

だから、基本的な伝え方の技術を上げたほうが、費用対価も良くなりますよってことです。          

 

 

 

 

 

 

そのために必要なことは、なにか?         お客さんから支持されるってことです。      

 

 

 

 

 

じゃあ、どうすれば支持されるのか?        

 

 

 

 

 

・支持される人は、顧客知識がある      

 

 

 

 

・あなたの顧客を一番うまく問題解決できる専門性        

 

 

 

 

 

これがあるかないかって大きな変化が起きてくるわけですね。      

 

 

 

 

 

まあよくよく考えてみますと。        

 

 

 

 

相手が誰だか分かってなかったら、その人に選んでもらおう、何かを買ってもらおうってするメッセージって無理ですよね。        

 

 

 

 

 

 

まあそういった集客の広告の仕事をするときって、机だったり、パソコンの前で実際してますよね。        

 

 

 

 

 

 

でも、机上であろうが、パソコン画面の前であろうが、人に向けてやっているわけなので、その人がどんな状況で、どんな悩みを抱えてて、どんなことに困ってて。        

 

 

 

 

 

また、どういう風になりたいのか、かなり具体的に理解できていないと。        

 

 

 

 

 

 

こんな人ならうちで解決できますよって、言ってあげることが出来ないんですよね。        

 

 

 

 

 

でも、他の職業より、現場にいる私達は、お客さんと日頃から色んなお話を聞かせてもらっているわけですよね。        

 

 

 

 

 

 

そういった直接現場でお客さんから聞いている、悩みや願望って、メチャクチャ強いんですよね。        

 

 

 

 

 

 

 

もうあなたのお店を選んだ人の悩みなので、もう直通なわけです。        

 

 

 

 

 

 

電話相談のラジオを聞いてるくらいにリアルなんですよ。        

 

 

 

 

 

 

もしもし〇〇さん・・・      

 

 

 

 

 

はい・・・      

 

 

 

 

 

 

いまねぇー先生をお呼びしてますんでね。      

 

 

 

 

 

今、先生に変わりますね。      

 

 

 

 

あっはい、お願いします・・・      

 

 

 

 

 

もしもし・・・      

 

 

 

あっもしもし・・・      

 

 

 

 

 

いまね、あなたのお話を聞かせてもらったんですけどね。      

 

 

 

 

あなたね。      

 

 

 

 

 

 

ってな具合、にラジオ電話相談のように、悩んでいるお客さんの話を親身に聞いてあげて、その先生のように解決策を提示してあげるのですね。        

 

 

 

 

 

 

 

私は、こんな人のこんな悩みを、こうこうこうやって、解決しますよって。        

 

 

 

 

 

 

 

こうやって伝えていくことなんですね。        

 

 

 

 

 

 

でも多くの企業は、この悩みにだいたいこうだなって予想はついても、結局だいたいなんですよね。          

 

 

 

 

もうお客さんの悩みを、だいたいで分かっている場合と、明確にわかっている状態って、もう月とスッポン!          

 

 

 

 

 

他の業態だと、店舗ビジネスやサロン、教室みたいに、直接お客さんと会って話を聞くってことは。          

 

 

 

 

 

なかなかなもんなんですよ。        

 

 

 

 

 

 

だって普通の業態は、お店みたいにお客さんが直接目の前にいるわけじゃなので。        

 

 

 

 

 

むしろ自ら出向かないと、お客さんに会えないんですね。        

 

 

 

 

そういったお客さんは、お店みたいに別に会う必要がないので、ちゃんとアポとって約束して会うってことをしないといけないんですね。汗          

 

 

 

 

 

だから結構骨の折れる仕事なんですね。          

 

 

 

 

 

だけど店舗ビジネスやサロン、教室のビジネスってお客さんが近いですよね。          

 

 

 

 

 

 

 

まあほぼほぼ、直接お客さんと会って取引やサービスを行っているところがほとんどだと思うんですね。          

 

 

 

 

 

その中での接客や会話の中で、今、自分のお店を選んでくれている人がどんな人で、どんな悩みを抱えてて。        

 

 

 

 

 

 

そしてどんな願望を叶えたくて、どんな状況で来店してくれているかを、普段のお客さんの会話で深く理解するんですね。        

 

 

 

 

 

 

 

基本人間は、自分のことしか興味ないんです。        

 

 

 

 

 

 

でも、多くのお店はいきなり商品とサービスを売り込もうってするんですね。          

 

 

 

 

 

 

出会ってすぐ、付き合ってください!!        

 

 

 

 

僕のケツをムチで、思いっきりブッてください!!        

 

 

 

 

 

って言ってしまうから。          

 

 

 

 

だから売れない・・・        

 

 

 

 

うちの商品はこうでああでって言っても・・・        

 

 

 

 

 

あっそう・・・      

 

 

 

 

 

 

っで・・・!?        

 

 

 

 

 

うちのサービスはこうで、ああでスゴいんです!!      

 

 

 

 

 

あらそう・・・      

 

 

 

 

 

っで・・・!?      

 

 

 

 

 

結局そのことが、私になんの関係あるわけ!?      

 

 

 

 

 

えぇぇぇぇ++++++++++っ!?      

 

 

 

 

 

ってな感じです。      

 

 

 

 

だからお客さんは、どうなれるかを説明してあげるんですね。      

 

 

 

 

 

 

 

この商品はこういう特徴があって、だからあなたはこうなれますよって!!      

 

 

 

あっそうなの・・・    

 

 

 

 

 

 

っとチョット興味を持ちます。      

 

 

 

 

 

でも、お客さんが10代や20代の若い世代だとしたら。      

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたの、老後の蓄えは、これでだいじょうぶなんですぅ!!      

 

 

 

 

 

あなたの、マイホームローンがっ・・・      

 

 

 

 

 

いや、もういいから・・・(-_-;)      

 

 

 

 

 

別に興味ないし・・・      

 

 

 

 

 

ってチンプンカンプンなトチ狂ったことを言いだすことになりますよね?        

 

 

 

 

若い世代の強い悩みだとしたら。      

 

 

 

・大好きなあの人との復縁を、73%成功する〇〇で、あなたをサポートします!!      

 

 

 

 

・いま、結婚を選択出来ない女性が増えているんですよ、あなたの収入はこのままで大丈夫ですか?  

 

 

 

 

 

でも、〇〇を習得すれば収入アップで、選ばれる男に早変わり!!      

 

 

 

 

 

チョット怪しいですけども・・・        

 

 

 

ですけども・・・        

 

 

 

 

 

こんな感じで、世代や状況を絞って、自分のお店が解決できることを訴求してあげてください。  

 

 

 

 

 

心から感情移入し、取引相手が何かを理解し、
尊敬し、どう世の中を見ているかを理解する。
 

お客さまが言葉では表現しきれない
要望や懸念を見つけ出し解決する。
 


その視点に立脚して初めて、
マーケティングは正しく機能する。

 
ジェイ・エイブラハム:アメリカトップのコンサルタント

 

 

 

ちなみに過去の新町の事例だと。      

 

 

 

お客さんに新年に、皆に今年一年いい年にしてほしいので、ちゃんと神社でお祓いをしてもらった、幸せの音がなる鈴をプレゼントってキャンペーンをしました。        

 

 

 

 

そして毎月、お店のニュースレターを送っていたので、かなり反応がありました。        

 

 

 

 

そこでそのプレゼントをあげる代わりに、アンケートを書いてもらいました。        

 

 

 

 

そしたら、お店のお客さんの共通点が分かってきました。        

 

 

 

 

 

たしか、150個用意していましたので、150枚書いてもらいました。        

 

 

 

 

 

その中で、お客さん同士の交流や出会い、そしてお店の中での出会いを通しての成長、こんな共通点が多く書いてありました。        

 

 

 

 

そこで、お店のコンセプトが出来上がりました。      

 

 

 

コンセプトはこんな感じ

    ⬇  

 

「友達が100人できるよ!笑顔が広がる魔法の街の公民館!!」      

 

 

 

 

副題はこんな感じ

 

 

     ⬇  

ビートニックは皆の公民館、学校、人が集まる安らぎのあるコミュニティーを目指しています!!        

 

 

 

 

ホームページはコレ!!

 

↓  ↓  ↓

https://www.barbeatnik.com/        

 

 

 

 

まったくキャッチコピーに商品の味や、サービスの特徴なんて書いていません。          

 

 

 

 

 

しかも飲食店にある普段の言葉も使っていません。        

 

 

 

 

 

まあもちろん、最後に商品説明が書いてありますけどね。      

 

 

 

 

それで、いかに出会いがあるか、そして年間3組がお店で出会って結婚するカップルがいるんです。
(コレは事実です。 ウソはいけませんよね。汗)      

 

 

 

 

そして常連のお客さんは、初来店はこうだったのに、後々こういう風に成長していったんですよって。      

 

 

 

 

 

あなたがここに来れば、こうなれますよってことだけ伝えました。        

 

 

 

 

 

あまり商品やサービスのことなんて伝えていません。        

 

 

 

 

 

それをホームページに載せました。      

 

 

 

 

するとどうなったか?        

 

 

 

 

商品やサービスのことなんてあまり書いてないけど。        

 

 

 

 

 

でも来ました。      

 

 

 

 

新規来店数が増えました。      

 

 

 

 

 

口コミが増えました。            

 

 

 

 

こっちが言わなくても、お客さんがこういうお店だよねって解釈してくれました。      

 

 

 

 

 

 

これはお客さんから直接聞かないと、決してわからなかったことです。          

 

 

 

 

 

そしてどこよりも一番うまく解決できるお店って結局、口コミが起こるんですね。            

 

 

 

 

 

 

だから、顧客知識があるかないか、そしてあなたのお店の顧客が求めていることで、一番どこよりもうまく悩みを解決できること。        

 

 

 

 

 

つまり、大事なことは、2つ。        

 

 

 

 

あなたのお店が選ばれる2つの理由  

 

 

 

 

1.顧客知識    

 

 

 

 

2.あなたの顧客を一番うまく問題解決できる専門性        

 

 

 

 

 

この2つがあれば、あなたが選ばれるお店になれるのです。        

 

 

 

 

さて、今日はかなり熱が入ってしまいました。汗        

 

 

 

 

今、店舗経営は、かなり苦しい状況に置かれています。        

 

 

 

 

 

色んな感情を抱くかとと思いますし。      

 

 

 

 

 

急に不安に襲われるってことがあるかと思います。        

 

 

 

 

 

でも、将来に不安を感じることなく、今をどうやるかしか未来は変わりません。          

 

 

 

 

 

なので将来を心配して不安を感じる必要はありません。          

 

 

 

 

 

決して不安に惑わされることなく、今を大事にしてできることに集中していただきたいと思っています。        

 

 

 

 

 

そして微力ながら、そんなあなたの不安をこのブログで少しでも払拭できたなら、嬉しく思います。        

 

 

 

 

 

そしてここまで最後まで、お付き合いいただきまして、本当にありがとうございます。        

 

 

 

 

将来は、今の行動の積み重ね。      

 

 

 

 

そしてイチロー選手の言葉を借りるなら。      

 

 

 

 

 

 

小さなことの積み重ね。      

 

 

 

 

 

小さなことの積み重ねしか、理想の未来に行き着く道はないと思っています。        

 

 

 

 

応援しています。      

 

 

 

 

決して負けないでください。      

 

 

 

 

 

新町    

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
小さなお店の仕組み