にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

コミュニケーションで伝える側、受け取る側で見えない大切なこと

目安時間 45分
こんにちは(^○^)

   

何かと変わらずバタバタとしている、新町です。汗

 

毎年、早いですね!?  
 
 
 
 
 
いよいよ、今年も本日が最後でございます。
 
 
 
 
 
 
今年始まって、我々店舗経営者の頭を悩ませる出来事がおきました。
 
 
 

 

こうやって、店舗経営をしている経営者さまは、本当に尊敬いたします。
 
 
 
 

 

政府の対策は遅く、スタッフを雇って責任を負っている経営者としては、自分の給料よりも、スタッフをなんとしても守りたいと思っている責任感のある人たちばかりです。
 
 
 
 

 

新町も最後までお客さん来なくても、スタッフに最後まで手伝ってもらいました。
 
 
 
 
 

 

スタッフとしても生活のために、あてにしている生活費があるからです。
 
 
 
 
 

 

そうやって懐を痛めながらも社長は頑張って、スタッフやお店を守るために、歯をくししばって経営を続けています。
 
 
 
 

 

 

だから本当に、頑張っていただきたいのです。

 

 

 

 

 

 

政府の無責任なゴートゥーキャンペーンは簡単に辞めれますが。
 
 
 
 

 

我々、店舗経営者にとっては、経営は簡単にやめることができません。
 
 
 
 
 
 
 
 
それは、スタッフの雇用にしてもです。汗
 
 
 
 
 
 
それは5年、10年と、ずっとずっと続けていかなければなりません。
 
 
 
 
 

 

ある地域によっては、何度も何度も営業の規制などがありました。
 
 
 
 

 

政府の決めたゴートゥーキャンペーンも、この第二派には何ごともなかったように、規制、規制とバ◯のように叫び続けています。
 
 
 
 
 

 

もっとマシなやり方は、いくらでもあるのに、国民を考えるよりも、世間体でしょうか気にしているのは??
 
 
 
 

 

きっとゴートゥーキャンペーンを期待して、多くの仕入れをして困り果てている、仲間たちもいると思います。
 
 
 
 
 

 

しかし、最初に菅総理大臣が約束した、国民一人当たりに払う15万円はどうなったのでしょう・・・??
 
 
 
 

 

まったくといって、話題にも出てきません。汗
 
 
 
 
 
 
 
これは我々店舗経営者だけに限らず、国民全てが望んでいることです。
 
 
 
 
 

 

これだけのことをしてくれたら、我々の経営はもっと楽になってくれるはずです。汗
 
 
 
 
 

 

そして後から増税しても、あの時政府はあれだけ私たちを応援してくれたのだからしょうがない・・・        

 

 

 

 

 

そうなんとか解釈しようと思えます。  

 
 
 
 
 
 
この苦しい時期に、消費税を0%に戻して、国民一人当たりに少しのお金を配布して。
 
 
 
 
 
 
しばらく落ち着くまでは、国民の生活と景気を1番に考えることです。
 
 
 
 
 

 

それが何よりも、国民の健康を守ります。
 
 
 
 

 

これから正月ですが、餅を食べて喉に詰まらせ、毎年死亡する死亡者よりも、ずっとコロナで亡くなられる数の方が圧倒的に少ないです。  
 
 
 
 
 
そしてテレビや政府、都知事などが口を開ければ、我々の商売を脅かすような発言をこれでもかってしてくれています。
 
 
 
 
 

 

正直、本当にコイツら◯カかって思います。
 
 
 
 
 
 
なぜならば、本当の報道や情報を我々国民に与えてはくれません。
 
 
 
 

 

そんな時代のため、世界中の人々がSNSなどでリアルタイムで、事実を知ろうと目覚めています。
 
 
 
 
 

 

たとえば日本のマスゴミはしきりに、一日何人の感染者が出ましたといい続け、何の得にもならないことを、永遠と続けています。  
 
 
 
 
 
それは我々国民に、いかにして恐怖心を与えて、思考停止にするか?

 

 

 

 

 

そんなことしかやってくれていません。汗

 

 

 

 

 

 

そして政府は今、日本の中小企業や個人経営などの小さな会社の弱体化を図る計画を進めようとしています。汗  
 
 
 
 
 
 
  しばらく、こんな情報は続くでしょう。
 
 
 
 

 

そして日々頑張っているあなたの心を、これでもかと、グリグリとエグることが多いことが予想されます。
 
 
 
 
 

 

でも、絶対にあなたは負けないでください。
 
 
 
 
 

 

そしてもしかしたら、そんな情報に埋もれ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ただお店を開けているだけで、何か悪いことをしているかのような罪悪感を抱くこともあるかも知れません。  
 
 
 
 
 
お店にやってくる人たちも、暗い情報を語り、重い荷物をお店の片隅に置いて帰らるかも知れません。
 
 
 
 

 

残された私たちは、どんよりとした空気を漂わせ、疲れ切ってしまいます。
 
 
 

 

 

そんな、何ものかのフィルターを通されたコミュニケーションに、本当に疲れ切ってしまうはずです。汗
 
 
 
 
 
 
 
そんな毎日に疲れますよね??

 

 

 

 

いよいよ新年が始まります。
 
 
 

 

「来年の目標などを立てる気持ちになれない・・・」
 
 
 
 
 
 
「前年度割れも、覚悟しておかなければ・・・」
 
 
 
 
 
 
などと、どうか卑屈には、考えないでください。汗
 
 
 
 
 
 
 
新年をいいスタートできれるように、今日はマインドセットのお話をしてみたいと思います。
 
 
 
 
 

 

きっと前向きな気持ちになると思います。
 
 
 
 

 

今から私がお話しするのは、私のメンターである、一人で年間6億円稼ぐ方から以前教えていただいたお話しです。
 
 
 
 
 

 

基本はあなたの理想の生活をどうやってかなえていくか?
 
 
 
 

 

その考えを、「億り人」であるメンターが私に教えてくれました。
 
 
 
 
 

 

さまざまなコミュニケーションの中に、どんなフィルターをあなたは、与える側として、そして受け取る側としてどう捉えて、新たな年を迎えていったらいいのでしょうか?        
 
 
 
 
 
 
 
これを新年のあなたの目標と合わせて、理想を叶えるヒントになればと思ってシェアさせていただきます。
 
 
 
 
 
 

 

当然、億を売る人のお話を、シェアいたしますので、当然、その考えにあなたも近づくことができれば。
 
 
 
 
 

 

当然その理解が100分の1だとしても、600万円稼げる知識になれるわけです。
 
 
 
 
 

 

来年を良いスタートを切る上でも、ぜひ参考にしてみてください!!
 
 
 
 
 

コミュニケーションによって【コーラよりもロマネコンティを】

 
 
 
 
 
その本日のテーマは。( ̄∇ ̄)♪
 
 
 
 
 

 

コミュニケーションによって、【コーラよりもロマネコンティを】というテーマでお届けして参ります。(^ ^)
 
 
 

 

 
 
 
 
「おい新町、これってどういうこと?」と思われるかもしれませんので、一言でこれをお伝えしますと。

 

 
 
 
 
これは来年を迎える上で、理想へ向かうために、様々なコミュニケーションによる情報に惑わされて、道を見失ってはいけない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こういう考えに沿って、今回のテーマを選んでいます。
 
 
 
 
 
 
 
 
これを知っておけば、日常生活やビジネスシーンでも、自分の理想に近づく良い選択ができるようになるはずです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
では最初から結論から申し上げたいと思います。
 
 
 
 
 
 
 
結論。
 
 
 
 
 
 
 
いくら最高のものだとしても、渡す側にそれを伝える力がなければ、受け取る側はその価値を理解することができないというお話です。
 
 
 
 
 
 
 
そして同時に受け取る側は自分で知ろうとしない限り、物事の持つ価値これを普段の自分のふさわしい範囲でしか感じることができない。
 
 
 
 
 
 
 
 
なのでこのブログで再三お伝えしているように、価値を伝える力というのは、本当に大切な力なのです。汗
 
 
 
 
 
 
 
 
 
だから何らかの価値を渡す側の立場の時は。
 
 
 
 
 
 
 
 
伝える力を強く意識することが大切で。
 
 
 
 
 
 
 
受け取る側の時は。
 
 
 
 
 
 
 
 
価値を最大限感じた上で、判断できるように。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さまざまなアプローチから物事の価値、これを見出そうという話です。汗
 
 
 
 
 
 
 
 
少し長く感じるかもしれませんが。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これを理解しておくと、後で横道にそれてしまうことも、チャンスを逃してしまうこともないですし。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして2021年、今あなたが持っている理想に、まっすぐふさわしい自分になれるはずです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そしてこれをご理解していただきやすいように、本日のテーマ、「高麗よりもロマネコンティを」となっております。
 
 
 
 
 

提供側の価値を伝える力とは?

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それでは早速なんですが、あなたはロマネコンティというワインをご存知でしょうか?
 
 
 
 
 

 

なんか、映画の「ゴッドファーザー」に出てきそうな、隠れた銘酒のような、魅惑を秘めた名前の響き・・・(´∀`)♪
 
 
 
 
 
 

 

なんか、貴族たちが集うパーティーで、優雅に当然のように添えられた、高貴なボトル・・・(*´-`)♫
 
 
 
 
 
 

 

すごく高貴なイメージを、連想してしまいます・・・汗
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その「ロマネコンティ」とは?
 
 
 
 
 
 
 
このロマネコンティは、ワインが好きな方の間では、一生に1度はロマネコンティを飲んでみたいよねといわれる憧れのワインです。♪
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして生産本数は、毎年わずか6000本前後と世界最高峰のワインだと言われております。( ̄▽ ̄;)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
もちろん世界最高峰のワインと言われるだけあって。
 
 
 
 
 
 
 
 
お値段、これも世界最高峰となっております。
 
 
 
 
 
 
 
 
まさにお値段以上、ニ◯リ、お値段最高峰、ロマネコンティ〜♪( ̄▽ ̄;)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
一本のお値段ですよ、1本のお値段最低100万円ほどです。
 
 
 
 
 
 
 
最低です。
 
 
 
 
 
 
 
1本ですよ。
 
 
 
 
 
 
 
なかなかすごいですよね?:(;゙゚'ω゚'):
 
 
 
 
 
  新町は、知り合いのお店で、
 
 
 
 
 
「飲み物何にしますか?」
 
 
 
 
 
と聞かれて・・・

 

「ロマネコンティ!!」

 

 
 
 
「無い!?」
 
 
 
 
 
 
 
 
「この店は、ロマネコンティも置いてないのかよ!」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
なんて、冗談で言っていましたが・・・汗
 
 
 
 
 
 
 
  冗談にならない金額ですね・・・汗( ̄▽ ̄;)
 
 
 
 
 
 
 
 
オホホ〜♪   おフランス製でゴザイマスのよ〜( ˘ω˘ )/♫
 
 
 
 
 
 
 
ではここで少し考えてみて欲しいのですが・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この世界最高峰のロマネコンティですが。
 
 
 
 
 
 
 
 
もしコカコーラと一緒に、小学生の目の前に置いて、好きな方を選んでいいよと、もちろん何も説明なく、好きな方を選んでいいよと言ったとしたら。
 
 
 
 
 
 
 
 
当然ながら、その小学生はどちらを選ぶでしょうか?
 
 
 
 
 
 
 
 
そうコカコーラを選ぶケースがほとんどだと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これは何故かと言うと、その判断基準によります。

 

 

 

 

 

つまり選択する判断基準は、
 
 
 
 
 
自分が飲めるかどうかで、基本的に絞られているからです。汗
 
 
 
 
 
 
 
 
では次に、ここにロマネコンティの説明をしてみるとどうでしょうか・・・?
 
 
 
 
 
 
 
 
このワインは世界最高峰のワインなんでゴザイマスのよ。ƪ(˘⌣˘)ʃ
 
 
 
 
 
 
 
少ししか作られてなくて、おスペシャルレアなんでゴザイマスのよ。ƪ(˘⌣˘)ʃ
 
 
 
 
 
 
 
コカコーラを、それこそ1万本買えるくらいの値段なんでゴザイマスノ。ƪ(˘⌣˘)ʃ
 
 
 
 
 
 
 
このワインを持っていると、ご両親びっくりするし、喜ぶと思いマスワ。ƪ(˘⌣˘)ʃ
 
 
 
 
 
このような説明をして。
 
 
 
 
 
 
 
このコーラとロマネコンティ好きな方を選んでいいよと言えば。
 
 
 
 
 
 
さすがに小学生でもしっかりした子であれば、ワインの方を選ぶ可能性が高まります
 
 
 
 
 
 
 
これはなぜか?
 
 
 
 
 
 
 
これは自分が飲めるかどうかという以上の、判断基準。
 
 
 
 
 
 
 
これを持てるようになったからです。
 
 
 
 
 
 
 
 
より正しくロマネコンティの情報が伝わったことになります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これは何が言いたいのか?
 
 
 
 
 
 
そして何がわかるのか?
 
 
 
 
 
 
これはロマネコンティの渡す側と、受け取る側の両方で少し考えてみるて欲しいのですが。
 
 
 
 
 
 
 
我々はビジネスを行う上では、必ず渡す側となりますよね?
 
 
 
 
 
 
 
 
その上で、絶対的な原理原則として覚えておいておかなければならないのことの1つ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これが、
 
 
 
 
 
 
最高のものだとしても、いつでも、どこでも、誰でも必ず最高の評価を受けるとは限らないということです。
 
 
 
 
 
 
 
我々はビジネスをおいても、人間関係においても、言わずとも察して欲しいじゃないですか?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そういう生き物なのですよ。
 
 
 
 
 
 
 
いい商品やサービス、もしくはコンテンツやメッセージ。  
 
 
 
 
 
 
 
 
そのあなたの伝えたいことですよね?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それは、何も言わずともその価値を理解して、購入して欲しかったり。
 
 
 
 
 
 
 
その価値自体に感銘を受けてほしい、何か気づきを得てほしいと思うものですが。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
多くのケースにおいて、それは本当に叶いません・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
つまりは、人はですね価値を認識するために、何かしらの説明やメッセージを付随して受け取らないと、自分の領域を超えるものに関しては。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
価値をつけることができないということなんですよ。
 
 
 
 
 
 
 
 
なので、
 
 
 
 
 
 
商品の素晴らしさにおごることなく。
 
 
 
 
 
 
 
自分自身のメッセージ、気づいたことの価値、その価値に溺れることなく。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
しっかりと伝えていく必要があるわけです。

 

つまり渡す側は、伝える側にならないといけないのです。汗
 
 
 
 
 
  これを、ネットだったり、店内ポップだったり、店前看板だったり、チラシだったり、数多くしていけば、売り上げは当然増えます。
 
 
 
 
 
 

受け取る側の立場の大切なこと

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
同時に、受け取る側の立場としては、
 
 
 
 
 
説明されない価値あるもの。
 
 
 
 
 
 
 
 
これが、世の中には多く存在するということを絶対に忘れないでほしいのです
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
自分で価値を見出して欲しいんですよ。
 
 
 
 
 
 
 
先ほどもお伝えした通りに、人間は知らないもの、興味を持ってないものの価値。
 
 
 
 
 
 
 
 
これを見いだすことは、基本的に絶対できないようになってます。
 
 
 
 
 
 
 
 
そしてわざわざ価値の説明をされるのは、ほとんどのケースにおいて。
 
 
 
 
 
 
 
 
渡す側、価値を渡す側に何らかのメリット、リターンがあるケースのみなんです。
 
 
 
 
 
 
 
 
例えば商品を購入してほしいから説明がされたり。
 
 
 
 
 
 
価値を理解してほしいから、説明がされたり。
 
 
 
 
 
 
 
その満足度を上げるために、説明がされたり。
 
 
 
 
 
 
 
まぁ知人の口コミや雑談として話されることがあっても。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
明確に強い意志を持って、価値の説明。
 
 
 
 
 
 
 
これを受けるケースは、リターンがない場合は、本当にないんですよ。汗
 
 
 
 
 
 
 
なぜか?
 
 
 
 
 
 
それを話す意味がないからです。
 
 
 
 
 
 
 
 
そもそもあなたのまわりの環境とかが大切だといろんな書物で説明していうのも。
 
 
 
 
 
 
 
 
こういう部分なのです。
 
 
 
 
 
 
 
 
そもそも物事の価値は、基本的に他人ではなく、自分で見出さなければならないわけなんですよ。
 
 
 
 
 
 
 
周りに年収一億円の人しかいなければ、そこの価値観に合わせていけばいいわけです。
 
 
 
 
 
 
 
 
だから普通に日常生活をして、周りの例えば、自分のパートナーや、友人、毎日会う職場の同僚が、年収一億円のケースってほとんどないと思います。
 
 
 
 
 
 
 
なので、自分で価値を見出していって欲しいのですよ。
 
 
 
 
 
 
 
 
何より、我々はどれだけビジネスをしていても、渡し手よりも、受け取る側である時間の方が長いのです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それこそニュースサイトとかもそうですよね?
 
 
 
 
 
 
 
そしてSNSとかもそうです。
 
 
 
 
 
またYouTubeとかもそうですよね?
 
 
 
 
 
 
 
 
とにかく我々は知らず知らずのうちに、情報とか、その何かしらのものを受け取っているんですよ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
なのでここで受け取る側として、渡す側、渡してくる側、伝える側からの説明ばかりを待っているだけの人と。
 
 
 
 
 
 
 
 
自分からそこに何らかの価値をいろんなアプローチやコミュニケーションから見いだせる人だと。
 
 
 
 
 
 
 
 
どちらの方がより豊かになれるかと言うのは。
 
 
 
 
 
 
 
もう賢明なあなたにお話しする必要もないかと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
間違いなく自分で価値を見いだせる方が明らかに豊かになれるのです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
先程の例題でいえば。
 
 
 
 
 
 
 
コーラと、ロマネコンティとが目の前に置かれて、どちらを選択してもいい状態ではありますが。
 
 
 
 
 
 
 
何も説明もなく、ただ受け取るものがポンと置かれるのが、我々の日常なのです。
 
 
 
 
 
 
 
 
この場合何も考えずに、自分にふさわしい選択、これを取りますよね?
 
 
 
 
 
 
 
しかしながら少しだけ思考して質問してみれば、絶対選択って変わるんですよ。
 
 
 
 
 
 
 
 
例えば新町が小学生だとしても、コカコーラは知ってる、これおいしいなぁ。
 
 
 
 
 
 
 
 
もう一つのやつ何なんだろう。
 
 
 
 
 
 
これなんですか?( ̄∇ ̄)
 
 
 
 
 
 
 
これはお酒、ワインです。
 
 
 
 
 
 
 
ワイン・・・?(・Д・)
 
 
 
 
 
 
 
ワインかぁ…(・ω・)
 
 
 
 
 
 
 
どういうワインなんですか?(*´-`)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こういう風に、疑問を持って質問していくだけ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
疑問を持ってその価値を探っていくだけで、選択と言うものは全く違ったものになって。
 
 
 
 
 
 
 
 
最終的にはその価格、100万円ですという風に聞いたときに。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
あーなるほどとか感じたり。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これお父さんに喜ばれると思いますよと言われたときに。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いつの間にか、ロマネコンティを受け取るのにふさわしい自分に、進化できるわけです。
 
 
 
 
 
 
 
 
少し進化と言ったら、大げさに感じるかも知れませんが。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ほんとにこれ進化なんですよ。( ̄∇ ̄)/
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これを自然と疑問を持って質問するためには。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「無知の知」これが必要になります。

 

つまり無知の知とは、自分はまだ何も知らないと自ら認め、自ら学ぶということ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そこに自分が飲めるかどうかという自分のメリット、リターンだけを考える思考を捨てて。
 
 
 
 
 
 
 
 
ギバーの精神、これがくわわれば、誰かにプレゼントできるかもしれないなと。
 
 
 
 
 
 
 
 
誰かに送れば、喜ばれるかもしれないなって言うふうに、選択肢がまた生まれますよね?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さらにそこに投資思考が加わると、コカコーラ一はいつでも飲めるけど。
 
 
 
 
 
 
 
それを飲まずに、ここで得られる短期的な快楽、自分のメリット、リターンを捨てて。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ロマネコンティを選択して、ロマネコンティを転売するという選択肢も生まれます。
 
 
 
 
 
 
  お店で売ってもいいし、なかなか売れなければ、オークションという選択もあるでしょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これを実行するために、過去の経験から、自分やったことないなという風に考えるのではなくて。
 
 
 
 
 
 
 
理想の未来の結果から。
 
 
 
 
 
 
 
 
それこそ逆算する理想の未来から現在を見る視点や、それこそ可能思考が役に立つはずなんですよ。
 
 
 
 
 
 
 
一方は自分が飲めるコーラを選択して、その場のおいしさを味わうだけで終わる。
 
 
 
 
 
 
 
一方は、無知の知でロマネコンティの価値を探って、未来からの視点、可能思考、投資思考、ギバーの精神で、誰かにプレゼントしたり、転売したりして。
 
 
 
 
 
 
 
 
ロマネコンティの持つ価値にふさわしいリターンを得ることができるようになる。
 
 
 
 
 
 
 
 
つまりはロマネコンティを持つのにふさわしい人になるわけです。
 
 
 
 
 
 
 
 
得られるものは、ロマネコンティそのものかもしれません。
 
 
 
 
 
 
 
もしプレゼントであれば、誰かからのロマネコンティ分の感謝かもしれませんし。
 
 
 
 
 
 
 
 
転売であればそれこそ、1万本のコーラを買える資金になって、多くの可能性になると思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
私はもしあなたに、全くの知識がなかったとしても、自然な思考でコーラの選択肢を、馬鹿にするなよと笑って断って。
 
 
 
 
 
 
 
当たり前にロマネコンティを選ぶでしょと。
 
 
 
 
 
 
そういうロマネコンティにふさわしい人間になってほしいと、そう思っています。(´∀`=)
 
 
 

まったく違う伝える側、受け取る側の事実、真実の違い

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ちょっと、例題が抽象すぎて理解に苦しかったかも知れません。
 
 
 
 
 
新町がいいたいことは、今さまざまなコミュニケーションが容易になり、情報が飛び交っています。
 
 
 
 
 

 

世の中がすごく混沌としていて、いつも騒がしく、暗く、そして不安なものが多く飛び交っています。
 
 
 
 
 

 

これは何かと、意図的であれ、意図的に無いのであれ、それは事実です。
 
 
 
 
 

 

そこであなたは、その“事実”を通して、間違った「真実」に惑わされないでください。
 
 
 
 

 

 
「はあ!?  新町、お前、事実に真実で惑わされる!?
 
 
 
 
 
「お前なんのこと言ってんの??」
 
 
 
 

 

そう思われるかも知れません・・・( ̄▽ ̄;)  
 
 
 
 
 
多くの人は、「事実」と「真実」を混同して解釈しています。
 
 
 
 
 
 
なので困惑して動けなくなってしまうのです。汗
 
 
 
 
 
 
 
 

つまり、「真実」はどういう意味で、「事実」はどういう意味なのかというのを、それを分けて考えることができないと。

 

 

 

 

 

現状から動けなくなるんですよ。

 

 

 

 

 

 

動けなくなるので、まずここについて考えていきましょう。

 

 

 

 

 

 

まず一つ目、この「事実」というのは、「誰が見ても変わらないもの」を指します。

 

 

 

 

 

つまり揺るぎないもののことを「事実」というわけです。

 

 

 

 

 

 

逆に「真実」というものは、「人それぞれ変化するもの」、「人の数だけあるもの」のことを真実といいます。

 

 

 

 

 

 

つまり、「その人だけのもの」です。

 

 

 

 

 

 

なので「事実」というものは、一つなんですけども。

 

 

 

 

 

 

「真実」というものは、人の数だけ存在すると考えてください。

 

 

 

 

 

よろしいでしょうか?

 

 

 

 

 

チョッとこんがらがるかもしれませんので。

 

 

 

 

 

たとえば少しイメージしていただきたいんですけども。

 

 

 

 

 

たとえば一冊の本を読んでも、人によって学びがないなと思う人がいる一方で。

 

 

 

 

 

 

この本は学びがあったなと思う人も、いますよね?

 

 

 

 

 

 

それぞれの違った解釈があるわけです。

 

 

 

 

 

このケースにおいては、本の内容や本に書かれている文字というのは、「事実」です。

 

 

 

 

 

 

同時にその本を読んだということも、「事実」です。

 

 

 

 

 

 

その後、その本に対する受け手である読者の「解釈」だけが、その人だけの「真実」となるわけです。

 

 

 

 

 

 

なのでそれぞれの「真実」はバラバラなんですね。

 

 

 

 

 

 

「名探偵コナン」という漫画を多分ご存じな方もいるかもしれませんし、多いと思いますが。

 

 

 

 

 

 

その「名探偵コナン」のコナン君が、「真実はいつも一つ」という名セリフを持っているのですが。

 

 

 

 

 

 

あれはですね、流石にコナン君といえども、間違っていると言わざるを得ないなと考えています。

 

 

 

 

 

じゃあなぜこの2つの言葉をそれぞれ分割して考える必要があるかといいますと。

 

 

 

 

 

 

これらの言葉を解釈すること自体、これを「マインドセット」とよんだりするわけです。

 

 

 

 

 

「マインドセット」を元にこのような解釈をして、その人固有の「真実」が作られます。

 

 

 

 

そしたらその真実を元に、その人の言葉が出たり、行動が出たり、習慣が出たり、最終的には、結果が出てしまうと。

 

 

 

 

 

 

心が変われば行動が変わる。
行動が変われば習慣が変わる。
習慣が変われば人格が変わる。
人格が変われば運命が変わる。  

アメリカの心理学者:ウイリアム・ジェイムズ

 

 

 

 

 

なのでそれぞれ現状があるとは思いますが。

 

 

 

 

 

 

それはどういう風な真実を自分が、事実に対して付けてきたか。

 

 

 

 

 

 

どういう解釈をして、真実を作ってきたか?

 

 

 

 

 

 

その結果が、今ということです・・・

 

 

 

 

 

その選択というのは、解釈から真実を作って、その後の行動なのです。

 

 

 

 

 

なので、最初にお伝えしたように、思考ありき!

 

 

 

 

 

一番最初のスタートラインはそこですというのは。

 

 

 

 

 

「マインドセット」ですといいますのは。

 

 

 

 

その真実を作る為に、一番大切なものというのが、その判断基準となるものがこの「マインドセット」なのです。

 

 

 

 

 

 

あなたのマインドセットをしっかりと構築して、他のフィルターを通して得た、真実をあなた自身でしっかりと見極める必要があるのです。    

 

 

 

 

 

 

決して、さまざま何かのフィルターを通した、他の情報に惑わされないでください。      

 

 

 

 

 

あなたの理想は、そこにはないはずです。    

 

 

 

 

 

 

私たちがすることは、良い商品やサービスを伝えて、お客さんをつなげることであり。      

 

 

 

 

 

 

その伝えることを、決してやめてはいけません。      

 

 

 

 

現状がどうであろうが、周りがどう言おうが、あなたがまっすぐ理想を見据えて真っ直ぐ進むこと。      

 

 

 

 

 

これしかありません。      

 

 

 

 

 

さまざまなコミュニケーションにより、情報が飛び交って、疲れることもあるでしょうが。      

 

 

 

 

 

 

前に前にと進むことは、我々に残された絶対の道です。    

 

 

 

 

 

だからあなたはそれを信じて、前に進んでいって欲しいと思います。      

 

 

 

 

雨が降ったら傘さして、疲れたら少し休憩して、それでも前に進んでいった人が大きな成果を得られます。  

 

 

 

 

 

 

さあ、あなたは来年、どんな年にしたいでしょうか?    

 

 

 

 

 

   

 

 

 

本当に、本当に応援しています!!

 
 
 
2021年は、ともに理想を実現していくために、みんなで理想にふさわしい人間に進化していきましょう。  
 
 
 
 
以上本日は「コーラの代わりにロマネコンティを」と言うテーマでお届けしました。  
 
 
 
2020年も、本日で終わりとなりますが、2021年もはりきってまいりましょう。  
 
 
 
 
人間はイメージで考える生き物であり、
あらゆる思考や行動はイメージに帰属すします。
 
 
そしてこの特性を利用すれば、
求心力を大きく向上させることができます。
 
 
「意識が変われば、行動が変わる。
 
   行動が変われば、習慣が変わる。
 
   習慣が変われば、人格が変わる。
 
   人格が変われば、運命が変わる。」
(近代心理学の父と呼ばれる米国の心理学者、
ウィリアム・ジェームスの言葉)
 
 
 
 
 
 
 
いい年をお迎えください。
 
 
 
 
 
 
来年も宜しくお願いします。
 
 
 
 
 
来年、あなたにとって最高の一年であるように、心から祈っています。
 
 
 
 

 

本日もここまで長々と最後までありがとうございます。m(__)m
 
 
 
 

 

応援しています!!

 

 

 

 

 

 

新町
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
小さなお店の仕組み