にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

サロン小さなお店の集客方法〇〇で長く続く関係の作り方とは?

目安時間 51分

 

 

こんにちは。        

 

 

 

修行中は、かなり苦労をして修行をした新町です。          

 

 

 

 

バーで働き出した新米時代の新町のあだ名は。          

 

 

 

【ガッチャマン】          

 

 

 

 

 

グラスやおをメチャクチャ割るので、僕の歩くそばから、ガッチャン、ガッチャンと鳴ることから。            

 

 

 

 

あだ名は、ガッチャマンに・・・          

 

 

 

 

マスターに、ライムが切れたから、走って近くのスーパーで買ってこい!!ってマスターに言われて。            

 

 

 

 

走って買いに行きました。          

 

 

 

 

 

それで、ライムの値段って高いんですよね。          

 

 

 

 

一個、200円くらいするんです。          

 

 

 

 

たっけぇなーと思ってふと横を見ると。          

 

 

 

 

 

これ、メチャクチャ安いじゃなかぁ〜!!          

 

 

 

 

と急いでそっちを取って、お店に戻ります。          

 

 

 

 

マスター買ってきました!!        

 

 

 

 

 

っとハリキッテ、ドンとカウンターに置きました。          

 

 

 

 

マスターから、      

 

 

 

「お前は、ばかかぁ〜!!」          

 

 

 

「カボスじゃねぇかぁ〜っ!!!!」        

 

 

 

 

って、きびしい教育を受けてきました。        

 

 

 

 

この教育って、ずっと受けていると。        

 

 

 

 

 

へんな、凝り固まった、変ちくりんな概念にとらわれることがあるんですね。        

 

 

 

 

 

そうここまで読んでお分かりですね。        

 

 

 

 

 

今日のお題、サロン小さなお店の集客方法〇〇で長く続く関係の作り方の〇〇とは、教育です。          

 

 

 

 

我々は、みんな教育業であると言うお話です。  

 

 

 

 

 

サロン小さなお店の集客方法〇〇で長く続く関係の作り方とは?

       

 

 

 

お店を末永く経営を続けていく要素で、重要なことの一つに。            

 

 

 

 

一人あたりのお客さんから、生涯を通して適正利益を取るという課題があります。          

 

 

 

 

いくらお金を使って、集客しようとしても。          

 

 

 

 

その集客にかかる費用が、お客さん一人あたりから収益が取ることが出来なければ、とうぜん倒産しますからね。            

 

 

 

 

 

例えば、美容室などの場合。        

 

 

 

 

 

お客さん一人あたりの、来店頻度当たりで分解してみますと。              

 

 

 

 

 

多くの美容室のお客さんの来店頻度は、2ヶ月に1回ということが多いんですね。              

 

 

 

 

 

つまり、お客さん一人あたりの、売上は、60日に1回しか売上にならないことが分かります。            

 

 

 

 

 

おおまか、そんな感じのところが多いんですよね。            

 

 

 

 

 

そこでその期間に対して何かしらの、アプローチをお客さんに知ていかなければ。            

 

 

 

 

 

要は、多くのお店は、それ以外の期間は、売り上げになっていないわけなんですね。        

 

 

 

 

 

 

ここで、60日に一回が、一人あたりのお客さんの来店周期だとしたら。            

 

 

 

 

 

どう改善したらいいのか?            

 

 

 

 

 

教育するんですね。            

 

 

 

 

 

 

その期間まで、来店してくれないのなら、何かしらの働きかけをお店側からして教育していく必要があるんですね。

 

 

 

 

 

 

ならばどうやって教育すればいいのか?            

 

 

 

 

それは、お店側のコンセプトに合わせた、教育です。            

 

 

 

 

 

例えば美容室の来店した時で、カットなどで、オシャレになる方法と。      

 

 

 

 

 

そして家でも自らケアをして状態を保ち、オシャレをする方法です。            

 

 

 

 

 

つまり、プロによるケア。          

 

 

 

 

 

 

そして、ホームケア。          

 

 

 

 

 

この二つの側面の観点から教育をしていくといいんですね。            

 

 

 

 

これは、やっぱりサロンでも、エステでも、治療院でも同じなんですね。              

 

 

 

 

要は、来店によって、プロにしてもらうケア意外に。            

 

 

 

 

自分たちの普段の生活で、日頃から家でも自らケアしていくのも大事なんですと、教育していくんです。              

 

 

 

 

 

そうするとどうなるか?              

 

 

 

 

 

ここで治療院なら枕とか、美容室だったらシャンプーとか、サロンでも、いろんな用品を買う理由っていうのが生まれていくわけですよね。              

 

 

 

 

 

だから全て、お客さんを教育することなんです。              

 

 

 

 

 

そしてこれはむしろ、売り込みじゃないですね。            

 

 

 

 

 

プロとしての、あなたからのメッセージなんですよね。            

 

 

 

 

 

 

お店側からプロとして、本当にお客さんに綺麗で美しくいてほしいのであれば。                

 

 

 

 

 

 

そういった方法をプロとして教えてあげないとダメなんです。                

 

 

 

 

 

お客さんに言わずに分かるだろうっていくら思っていても。              

 

 

 

 

 

新町の過去の経験から分かるのですが。            

 

 

 

 

 

なにも伝わていないんです。              

 

 

 

 

 

知らなかったお客さんからしてみれば。                

 

 

 

 

「なんで教えてくれなかったの?」ってことになるじゃないですか?            

 

 

 

 

 

だから多くの経営者さんは、なんか売り込みみたいで悪いことのような観点で考えてしまっているから。          

 

 

 

 

そういうことは、出来ない、忙しからと言って。            

 

 

 

 

もったいを付けて、大事な教育をやろうとしないんですね。            

 

 

 

 

 

だからちゃんとプロとしてお客さんに伝えなければならないことを、言ってあげれない状態になっているんですね。            

 

 

 

 

 

その人の身体が本当に良くなるためなら、どうやったらいいのでしょうか?      

 

 

 

 

 

だから多くのお店は、それらの教育をお客さんが来店しているときだけ、考えてあげれても。            

 

 

 

 

 

その後の普段の生活を考えて教えてあげるってことが、全く出来ていないことが多いんです。            

 

 

 

 

例えば、治療院さんの場合だと、まずは1週間に1回来てくださいと伝えることです。            

 

 

 

 

 

そして、これからの治療はこことこことここを、改善していきましょうと伝えることから始まるんですね。          

 

 

 

 

 

そして間違ったストレッチは、よけいに症状を悪化させますよ。          

 

 

 

 

 

 

だから自宅でもできる3つのストレッチと、筋力強化はこれですよ。          

 

 

 

 

 

 

普段の生活で、腰の負担を減らすための、生活動作の工夫はこうしましょうと、教育していくんですね。            

 

 

 

 

 

そしてこれを1か月繰り返していけば、今まで苦しんでいた腰痛が治りますよって教えてあげることなんですね。    

 

 

 

 

 

そして大切な時期は2カ月目以降なので、そのままやっぱりほっておくと。            

 

 

 

 

 

またもとの生活リズムを取ってしまって、悪くなっちゃいけないので。            

 

 

 

 

 

このようなメンテナスを一緒にしていきましょうと。      

 

 

 

 

 

こういった感じで、ちゃんと計画を、一緒に作ってあげるわけなんですね。            

 

 

 

 

 

なので多くの経営者が考えることは、売り込みじゃないんです。            

 

 

 

 

 

だって、お客さんにとって必要だからです。

 

 

 

 

 

正しい伝え方で、お客さんに教育していく方法

     

 

 

 

 

正しい伝え方で教育する方法

 

 

 

 

1.商品・サービスの魅力を伝える      

 

 

 

 

 

 

だから正しい伝え方で、お店のお客さんを教育しながら、その商品やサービスの魅力を伝えていくってことが大事になってきます。      

 

 

 

 

 

 

正しい伝え方で教育する方法

 

 

 

 

2.お店自らお客さんに働きかけること

 

 

 

そして 。          

 

 

 

 

つまり大事なことは、お店自ら、お客さんにそうやって働きかけていくことなんですね。    

 

 

 

 

当然ですが、お店側から伝えないと、客さんには理解してもらえません。          

 

 

 

 

 

 

 

正しい伝え方で教育する方法      

 

 

 

3.コツは自らは言わないこと  (講釈タレのうるさい人に映る)      

 

 

 

 

だからといって、コツは、自分自らの口からそのことを言わないことです。              

 

 

 

 

じゃあ、どうするか?            

 

 

 

 

ツールという仕組みを使うことです。          

 

 

 

 

新町はよく言っていますよね。            

 

 

 

 

社長の仕事は、POPとかチラシとかそういった、ツールという仕組みを使うということです。        

 

 

 

 

なぜかと言えば、単なるうるさいオッチャンに成り下がってしまうんですよ。汗      

 

 

 

 

この人は、公爵多いなって。                

 

 

 

 

しかし、こういったツールという仕組みを使うと、解釈が変わってくるんですね。              

 

 

 

 

 

例えばPOPとかのツールで、お客さん自信の自分のタイミングで読んだものは。              

 

 

 

 

 

「へー、そうなんだー」って素直に理解して、自分で納得してくれるんですね。        

 

 

 

 

 

伝えてるっていう、同じことをしていても。   なので大切なことをいいます。              

 

 

 

 

 

つまり、自分たちお店側自ら言わないということです。              

 

 

 

 

 

大切なことは、お客さん自ら興味を持ってもらって、自らそれ欲しいですと手を上げさせることなんですね。            

 

 

 

 

 

正しい伝え方で教育する方法

 

 

 

 4.自ら手を上げさせろ          

 

 

 

 

 

たとえば、ポップやチラシを書いても、なるほどねで終わっているところは。            

 

 

 

 

そもそも伝えることが、間違っているってことなんですね。            

 

 

 

 

だからお客さんに興味を持ってもらうことができないから。            

 

 

 

 

手を上げてもらえない。          

 

 

 

 

 

ならばどうするか?            

 

 

 

 

 

だったら、そのポップやチラシの目的自体を変えてみるべきです。            

 

 

 

 

 

別に、ポップやチラシだけで商品やサービスを買わせるのではなく。      

 

 

 

 

お客さん自ら、手を上げてもらうポップやチラシを作ってみること。                

 

 

 

たとえばポップだったら。              

 

 

 

 

 

お客さんからスタッフに質問をさせるために目的を変えたポップをつくってみてください。          

 

 

 

 

なにもポップ っていうものは、注文や成約してもらわなくてもいいんです。    

 

 

 

 

 

それこそ、スタッフとお客さんとの会話が生まれるきっかけだけでも、いいんですね。            

 

 

 

 

なので大切なのは、そのツールを作る時に。                

 

 

 

 

どこにゴールを持っていくか?    

 

 

 

このことで、多くの結果は、ガラリと結果が変わります。

 

 

 

     

小さなお店、サロン、美容室、整骨院が再来店する集客法の教育とは

       

教育といっても、これは学校の勉強のように。

 

 

 

 

 

授業を受けてもらったりすることだけを 指し示すものではありません。

 

 

 

 

 

 

つまりビジネスにおける「教育」とは。

 

 

 

 

 

自分の商品やサービスを購入してもらうために必要な情報を しっかりと相手に伝えるという意味を含みます。

 

 

 

 

 

 

※「教育」というと、表現的に嫌悪感を感じる人が多いことも知っていますが。

 

 

 

 

 

 

 

わかりやすいのでここでは教育という言葉で進めていきますね。

 

 

 

 

 

 

この定義を説明する、多くの講師が、この教育という言葉が嫌いだと、嫌悪感を持っていますが。

 

 

 

 

 

 

 

説明するときの便宜上、この言葉が一番しっくりするために、結局この教育という言葉を、使って説明しております。汗

 

 

 

 

 

 

 

毎回その度に、決まりきった展開に「あなたもかい!?」って思うんです。

 

 

 

 

 

 

 

なので、ここは僕も、あなたがややこしく感じられ、解釈を困惑してしまう前に。

 

 

 

 

 

 

 

この言葉を使わせていただきます。m(_ _;)m汗

 

 

 

 

 

 

例えばオンラインの集客方法でも。

 

 

 

 

 

 

 

お客様を集めて(アクセスをあつめる、集客して) 【セールスレターや紹介文を読んでもらって成約してもらう】という一つの流れも、 1つの教育活動になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、サプリメントの販売の際、 日本のサプリメント業界がどれだけ闇が深いのかを見込み顧客に教えてあげる(教育する)ことで。

 

 

 

 

 

 

きちんと製造している自社のサプリを購入する 理由を伝えることができますよね?

 

 

 

 

 

 

 

具体的を示すとこんな感じです。

 

 

 

 

 

 

教育段階1: サプリメント業界というのは、 大手企業すら正しく成分表示をしていない。

 

 

 

 

 

 

 

酷いものになると、サプリメントが胃に入っても 消化されることなく。

 

 

 

 

 

 

 

 

体外に排出され、 栄養素を取り込むことができない。

 

 

 

 

 

 

教育段階2: 弊社で開発したサプリメントは、 サプリメント大国アメリカの審査基準を採用し。

 

 

 

 

 

 

 

 

医療機関における厳密な調査の上で成分を表示。

 

 

 

 

 

 

 

サプリメント内の栄養素が効率よく吸収されるように、 薄い胃酸であっても溶けやすいように作られている。

 

 

 

 

 

 

 

内容が伝わりやすいかどうかは、 伝え方と 教育の方法に関わってきます。

 

 

 

 

 

 

 

これは先程お伝えした通り。

 

 

 

 

 

 

 

第一段階の「集客からの来店」で。

 

 

 

 

 

 

 

お客さんは最初、あなたのお店を知らない状態から、あなたの「ここにあるよ!」という認知活動で、あなたのお店を知ってもらう段階まででした。

 

 

 

 

 

 

 

そして第二段階の「教育」の段階では、あなたのお店に興味を持ってもらうところの段階です。

 

 

 

 

 

 

 

また別の記事で用意していきますが、 教育方式の種類はいくつかあるので。

 

 

 

 

 

 

 

ひとまずここでは3つの例をご紹介します。

 

 

 

 

 

 

■1.主な店舗集客で行う主要なメディアの手法。

 

 

 

 

 

【例1】チラシ、FaxDMなどの紙媒体で集客しながら、伝え方で、教育する。

        (季節などの行事や「時期的なニーズ」にも有効)

 

 

 

 

 

【例2】ホットペッパービューティーなどの、業界のポータルサイト集合広告で今すぐ客を集客する。
        (もう何かしらの動機があって、何処にしようか探している「今すぐ客」が多い)

 

 

 

 

 

【例3】タウン情報誌などの集合広告を掲載し続けて、機会を待ちながら、教育していく。

         (店舗系ビジネスは、比較的、地域型のビジネスなので、その地域に比較的広範囲に広く、教育活動ができる)

 

 

 

 

 

 

■2.インターネット集客で行う手法

 

 

 

 

【例1】  よくあるセールスレターや案内文に集客して、 伝え方で教育する。

 

 

 

 

 

【例2】  無料プレゼントや無料案内、  無料で情報提供を呼びかけて。

 

 

 

 

 

リスト(メールアドレス)を集め、  動画やステップメールを届けて教育する。

 

 

 

 

 

【例3】  無料体験会(説明会)やセミナーやウェビナー(オンラインのセミナー)開催で  人を集め、一定時間を使って教育をする。

 

 

 

 

 

 

などなど、様々な教育方法があります。

 

 

 

 

 

 

主に情報や教育などのスクール、目に見えない、内容が分かりづらい無形商品やサービスなどは。

 

 

 

 

 

この例題で言えばインターネット集客

 

 

 

 

 

 

 

■2.で行う教育方法は。

 

・無料体験会

 

・無料パンフレット

 

・無料セミナー

 

・無料相談会

 

・無料ノウハウブック

 

・ステップメール

 

 

 

 

 

などで、自社製品やサービスのこだわりや、長所、実績、お客さんの声、自店の信用などを自然にアピールして。

 

 

 

 

 

 

他社と比べ、自社を選ぶべき理由を、こっそりと教育していくわけです。

 

 

 

 

 

このような無料お試しなどがないと、一見内容が分かりづらい状態なので、お客さんの不安が高まり、ほぼ成約まではいけません。

 

 

 

 

そしてお客さんの気持ちは、

 

「自分にはできるだろうか・・・?」

 

「なんか申し込むのが怖い・・・」

 

「よく分からないから、申し込みにくい・・・」

 

「分かりにくくて買いづらい・・・」

 

 

 

 

 

 

このようにあなたの商品やサービスをまだ利用していない、初めての見込み客は。

 

 

 

 

 

 

あなたの商品やサービスの購入に対して、かなりの不安をもっています。

 

 

 

 

 

 

むしろ必要性すら感じていないかもしれません。

 

 

 

 

 

なので、

 

 

必要になってくるのが、この教育です。

 

 

 

 

 

こういった見込み客の不安を払拭するために。

 

 

 

 

 

 

無料でお試しなどを体験してもらって、成約をさせる必要があります。

 

 

 

 

 

 

その不安を払拭させたり、自社のサービスや商品を安心して納得して購入いただくために。

 

 

 

 

 

 

販売者側は教育を、おこなっていく必要があるのです。

 

 

 

 

 

ただ最初にお伝えしたとおり、この教育は、すべての業界でおこなわれているものです。

 

 

 

 

 

 

たとえば、あなたが電気量販店に行って、子供の運動会で、我が子を撮影するために、ビデオカメラを探しているとします。

 

 

 

 

 

 

もちろんあなたには、まったくビデオカメラの知識はありません。

 

 

 

 

 

 

そこで、店員さんに自分の目的を話すと。

 

 

 

 

 

 

その製品の機能性やあなたにあった予算と、目的にあった様々な情報を教えてくれますよね?

 

 

 

 

 

 

 

これは自動の手ブレ防止がついていて、こちらのボタン3つで、基本的なピント合わせや、撮影、録画などをすべてこの3つのボタンだけで操作できます。

 

 

 

 

 

 

そしてこの映像は、他の製品と比べても、引けを取らない写りです。

 

 

 

 

 

 

 

これが実際にこのビデオカメラで撮影した映像です。

 

 

 

 

 

どうですか、きれいでしょ?

 

 

 

 

 

 

なので初心者でも、ピントも自動で勝手にしてくれますので、難しい操作が不要で、誰でも簡単にこのボタン3つだけで、クオリティーの高い撮影ができるんです。

 

 

 

 

 

 

そしてバッテリーの耐久時間も、一日運動会を撮影するぐらいなら、このバッテリー一個で、十分余裕を持って使用できます。

 

 

 

 

 

 

 

多くの初心者から、かなりの中級者まで、幅広い層から人気の高いカメラなんです。

 

 

 

 

 

 

なんて教育されて、思わずそのビデオカメラに手が伸びてしまうのです。

 

 

 

 

 

チャリ~ン♪w(・∀・)

 

 

 

 

 

 

 

このような教育をイメージしやすいのものは。

 

 

 

 

 

 

通販の無料お試しだとか、無料資料請求や、ハウスメーカーのモデルハウス展示会をイメージしていただければ、きっとしっくりとこられるはずです。

 

 

 

 

 

 

 

これらもすべて教育がおこなわれているのです。

 

 

 

 

 

 

基本、多くの見込み客は受け身です。

 

 

 

 

 

 

 

なのでこちら側から積極的に、選ぶ理由としての価値を伝えなければ。

 

 

 

 

 

 

当然その価値を理解されず、価格でしか判断基準はありません。

 

 

 

 

 

 

 

なので安いものしか売れないか、もしくは売ることさえもできないのです。

 

 

 

 

 

 

だってお客さんは、買う理由がないからです。

 

 

 

 

 

 

ここで行う教育とは、すべての“販売の基本”であり、オンライン、オフラインに関わらず。

 

 

 

 

 

 

 

私たちの商品やサービスを得た見込み客の理想の未来を、最終目的地点として、そのために必要な情報提供(=教育)をしていく必要があるのです。汗

 

 

 

 

 

 

そのために、ここまで説明してきた「教育」とは、販売や成約においての最初の重要な部分が。

 

 

 

 

 

 

「伝え方」なのだということを、しっかりと認識していただきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

教育のための極意

         

 

 

 

 

 

ここまで、長く続くお店を強くする作り方をお話知てきました。          

 

 

 

 

すべては、お客さんとの強い、関係作りに教育がるということです。            

 

 

 

 

 

たとえば、一瞬のヒットでバッとブームに乗って、旋風を起こすお店もあるかも知れません。          

 

 

 

 

 

 

時代に合って、一瞬で話題になったお店も過去に沢山のお店を見てきました。      

 

 

 

 

 

たとえば、飲食店なら、タピオカがブームや、そばめし、パンケーキ、と多くを観てきました。        

 

 

 

 

 

 

でもその多くのお店は、長続きできる商売というところまでを考えられないのです。          

 

 

 

 

 

確かに、周りが羨むほどの話題店になったり、噂を聞くと羨ましく感じることもあるかも知れません。          

 

 

 

 

 

しかし、そのような他店と比べる必要は、一切有りません。              

 

 

 

 

 

なぜならば、やはりそのブームも、一瞬の爆発的な火勢がおとろえ、焼け野原となっていった状態を、幾度も観てきました。

 

 

 

 

 

 

その中でも、長年に渡って、根強いお客さんに支えられ、長続きするお店もあります。        

 

 

 

 

 

 

このようなお店には、共通して根強い常連さんがいます。      

 

 

 

 

 

そして、その常連さんたちが、新規のお客さんをおもてなしするほど、お店に対しての深い愛情を持っているのです。        

 

 

 

 

 

 

その常連さんにとっては、かけがいのないお店であるわけで、決して流行に乗ったお店では有りません。      

 

 

 

 

 

 

そんなお店には、常連顔など一切なし。      

 

 

 

 

 

 

そのお店への配慮、そしてお客さんへの配慮。    

 

 

 

 

 

 

どれをとっても、まさにお客さんの鏡、店の鏡。        

 

 

 

 

 

 

しかし、かたやそんな常連さんに恵まれたお店がありながら。      

 

 

 

 

 

始めて来店したお客さんが、「お客さんは神様だぞ!」、「俺は客だぞ!」と、お店の雰囲気を悪くするお客さんが多いお店。        

 

 

 

 

 

この違いは、一体なんなのか?        

 

 

 

 

 

このことの事実について、考えていただきたいのですが。    

 

 

 

 

 

 

そのお店が、望んだお客さんが来ているのであれ。 そのお店が、望んでないお客さんが来ているのであれ。      

 

 

 

 

 

 

事実は一つです。            

 

 

 

 

 

 

つまり、そのお店がそのお客さんを集客したのは、紛れもなく、その店主自身なんですね。        

 

 

 

 

 

「原因は、自分自身が作っているのです。」            

 

 

 

 

 

要は、そのお店が投げかけたメッセージの結果として、それに反応して、お客さんが集まってきているのです。        

 

 

 

 

ここで考えていただきたいのは、末永く良い関係を構築して、お店の収益につながるいいお客さんを集められているのか?          

 

 

 

 

決して一時のブームに乗った、時流に左右されやすい商売ではなく、たとえライバルが増えようが、安定して長く続くお店を営むこと。        

 

 

 

 

これこそが、お店の鏡。        

 

 

 

 

 

ぜひあなたには、お客さんに教育をして、良質な関係を永く続けていけるような、経営を営んで欲しいと思っています。        

 

 

 

 

【ライバルを超える11箇条】      

 

 

・お客を教育をして共通した理想を目指せ    

 

 

・トレンドを追うな(時流をよめ)    

 

 

・質主義を求めよ数主義ではない    

 

 

・程よく入り口の敷居を下げろ    

 

 

・ブームに乗らない(行列を作らない)    

 

 

・割引を無意味にするな    

 

 

・価値を教育しろ価格ではない    

 

 

・優良最上位5%の顧客の住所と名前を把握せよ    

 

 

・お客さんを選べ    

 

 

・集めているお客さん質は、自分のメッセージから    

 

 

最高のお客さんの最高のゴールを目指せ!        

 

 

 

 

ぜひ、ライバルと比べず、自店の真の価値を高めていってください。          

 

 

 

 

本日も最後まで読んでいただき誠にありがとうございます。            

 

 

 

 

この教育というのは、今の人が動きにくいこのご時世で、大きなあなたのお店の力になります。            

 

 

 

 

ぜひ、あなただけのキレイな音色を奏でてください。            

 

 

 

その美しい音色に引き寄せられた、その人が、あなたの理想のお客さんです。            

 

 

 

 

ぜひ、周りに流されず、お客さんと共に理想の価値を目指していっていただきたいと思っています。            

 

 

 

 

 

応援しています。        

 

 

 

新町  

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
小さなお店の仕組み