にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

小さなお店の儲かるお店の作り方お客さんが来店しない理由は?

目安時間 76分

 

 

 

 

まあ、感覚的には、2時くらいかな。    

 

 

 

 

ちょっとオバチャンたちに、ビックリさせられた新町です。汗    

 

 

 

 

ちょっと税理士さんとこに、野暮用あって、帰りついでで、近所のコンビニいきました。      

 

 

 

 

店内入って、ちょっと買い物しよう!!      

 

 

 

 

コンビニの店内入ったら、おもむろに買い物かごぶら下げた、オバチャンにビックリ。      

 

 

 

 

 

勢いよく、ガツガツと通路を闊歩しているわけ。      

 

 

 

 

チョッと、そんなバーゲンするようなところじゃないから。      

 

 

 

 

もう、場違いなんだよ、ったくっ!      

 

 

 

 

って内心思って声が出ない新町を無視して。      

 

 

 

 

オバチャンの勢いがスゴい。汗      

 

 

 

 

 

ホラ、鬼の首を取ったかのような顔っていうの?    

 

 

 

 

 

もーねー、真剣で勝ち誇った顔なんです、オバチャンの顔が。    

 

 

 

 

あまりの急ぎようと真剣な顔に、ウンコしたいのかなって、思ったわけ。      

 

 

 

 

 

でも、他にも激しく動く人影が・・・    

 

 

 

 

 

すると、後2人のオバチャン発見。      

 

 

 

 

もうオバチャンたち3人が我を忘れて、店の中で徒競走してるわけ。      

 

 

 

 

ちょっとスーパーのタイムセール的な勢い。汗      

 

 

 

 

 

 

みんな、買い物かご持って、真剣な顔つきに、バッコバッコと買い物かごに詰め込んでいるわけ。        

 

 

 

 

 

コンビニにはありえないオバチャンたちの光景に、圧倒させられたわけ。      

 

 

 

 

 

えっもしかして、ロックダウン日本も出された!?      

 

 

 

 

パッと我に返って、陳列棚観てみると、商品がほとんどないわけ。      

 

 

 

 

 

 

ちょっとオバチャンたち、買い占めすぎでしょって思って。      

 

 

 

 

何も分からず。      

 

 

 

 

 

いや、とりあえず出よ!!      

 

 

 

 

こんな狭い、オバチャンのサファリパーク。      

 

 

 

 

 

ここ出よ!!      

 

 

 

 

チョッと理解できないから、出よ!!        

 

 

 

 

 

僕は思わず、コンビニの外に出て、外の状況を確認しました。      

 

 

 

 

なにやら入り口に、おふれ書きが。      

 

 

 

 

 

本日、最後の営業で、割引きの張り紙が・・・      

 

 

 

 

そこで、この一風変わった、オバチャンの狂気じみた光景の意味がわかりました。      

 

 

 

 

 

このコンビニの閉店セールに、我を忘れて壊れてる!?      

 

 

 

 

 

いやっそれどころじゃないでしょ!?      

 

 

 

 

安いから、僕も買わなきゃ!!      

 

 

 

コンビニの中に戻ろうとする新町に。      

 

 

 

 

いやぁっやめろぉ––––––––––––っ!!      

 

 

 

 

いま、引き換えしてコンビニ戻ったら、お前も、あのオバチャンたちと一緒だぞっ!!      

 

 

 

って、もう一人の自分が止めてくれました。      

 

 

 

 

あの時、真剣に僕を止めてくれた、もう一人の自分に今でも感謝しています。

 

 

 

 

 

 

割引しても、集客に苦しむ理由

       

 

 

 

 

 

なぜ、お客さんが来店してくれないのか?      

 

 

 

 

 

結論から先にいいますと。      

 

 

 

 

 

多くのお店が、販売の促進をする活動をやっていないので。      

 

 

 

 

 

お客さんが、ただただ知らないだけなんですよね。        

 

 

 

 

 

 

だから、行く理由がないんです。      

 

 

 

 

もし知っていても、行く理由がないんです。      

 

 

 

 

 

だから私たちは、行く理由を作ってあげないといけないんですね。

 

 

 

 

 

 

我々のお店に行く理由をです。

 

 

 

 

 

 

これは、再来店も一緒なんですけども。

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜお客さんが、再来店をしてくれないのか?        

 

 

 

 

それは・・・          

 

 

 

 

 

やっぱり行く理由がないんですよ。

 

 

 

 

 

 

少し考えていただきたいんですが。      

 

 

 

 

あなた自信が、お客さんの立場で考えた時に。      

 

 

 

 

 

よく昔は行っていたのに、最近行かなくなったお店ってあるかと思うんですよね。        

 

 

 

 

 

 

新町の例で言えば、好きだった焼肉屋にいつのまにか行かなくなったんですね。        

 

 

 

 

 

じゃあ、なんで僕は行かなくなったのか?      

 

 

 

 

 

 

うーん・・・

 

 

 

 

 

そういわれても・・・

 

 

 

 

 

 

やっぱり、行く理由がないだけなんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

これといって、行く理由がなくなっただけです。        

 

 

 

 

 

そのお店の味が悪くなったとか、嫌いになったわけじゃない・・・  

 

 

 

 

でも多くのお店は、いざ自分のお店のこととなると。

 

 

 

 

 

 

やっぱり値段が高かったからじゃないのとか。

 

 

 

 

 

なんか嫌われちゃったんじゃないのとか。

 

 

 

 

 

 

商品が悪くなったんじゃないのとか。  

 

 

 

 

 

こうやって勘違いしてしまうんですけど。

 

 

 

 

 

別に来なくなったお客さんが、ぜんぜん嫌ってるわけでもなくて・・・

 

 

 

 

 

 

 

もうとにかく行く理由がないので、作ってあげないといけないんですね。

 

 

 

 

 

その理由っていうのを、販売の促進する活動を通じて、私たちが作ってあげないといけないんですね。

 

 

 

 

 

 

だから世の中のヒット商品とか、全て理由が作られていますよ。

 

 

 

 

 

買う理由が。

 

 

 

 

 

だから、売れる商品は、最初から、売れる理由がつくられているんです。

 

 

 

 

 

 

だから私たちも、買う理由を作ってあげる。

 

 

 

 

 

 

お店に行く理由を作ってあげるわけです。

 

 

 

 

 

じゃあその作られた理由ってどういうものなのか?

 

 

 

 

 

私たち自身が普段から何気なくやっていることが多くありますけど。

 

 

 

 

 

 

私たちの普段から自然にやっている作られた理由とは、なんでしょう?

 

 

 

 

 

なんか世の中にいっぱいそういった作られたのものが、あると思うんですよね。

 

 

 

 

 

 

たとえば、〇〇の日などと、作られた日があるじゃないですか。

 

 

 

 

 

 

 

なにか思いつくものがあります?

 

 

 

 

 

あなたが思いつく、意図的に作られた日。

 

 

 

 

 

なんでもいいですよ。

 

 

 

 

 

休日でもいいですし。

 

 

 

 

 

まあ休日もあるかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

たとえばそれぞれの休日を近づけて、3連休を作って、出かける理由を作らせてますよね?

 

 

 

 

 

 

 

また、たとえば12月の年末とか、何か必ずしてることってないでしょうか?

 

 

 

 

 

クリスマス?

 

 

 

 

 

 

とかもそうですよね?

 

 

 

 

 

子供にプレゼントを買わせる理由を作ってますよね?

 

 

 

 

 

 

 

恋人同士なら、レストランで食事や、プレゼントを買わせる理由を作らせていますよね?  

 

 

 

 

他には、年末。

 

 

 

 

 

 

 

おそばはどうですか?

 

 

 

 

 

 

 

おそばです。

 

 

 

 

 

年越しそばとかいって、べつに食べなくてもいいのに、蕎麦を食べる機会になってますよね?

 

 

 

 

 

 

 

僕たちが何気なくやっている他のことって言えば。

 

 

 

 

 

             

 

 

 

たとえば土曜の丑の日とかわかりますよね?

 

 

 

 

 

あの土用丑の日は、エレキテルとかの成功で発明家として有名な、平賀源内が作ったっていう話がささやかされていますよね。              

 

 

 

 

 

それで、うなぎが売れないと悩んで、平賀源内に相談した、うなぎ屋は売れるようになったんですね。                

 

 

 

 

 

そして、一日3食食べるっていう風習も、あの世界の発明王と呼ばれる、トーマス・エジソンが作ったっていう話もささやかれています。              

 

 

 

 

 

昔は、一日2食がほとんどだったんですよね。            

 

 

 

 

それを、エジソンは。            

 

 

 

 

 

マスコミのインタビューアーに。            

 

 

 

 

なぜ多くのものを発明して成功されているんですか?」            

 

 

 

 

 

 

っとの質問に、彼は、自分の発明した電気トースターを売りたかった。          

 

 

 

 

そこでエジソンは。      

 

 

 

 

 

「私の成功は、朝食をしっかり取ることで、一日3食とることだ。」        

 

 

 

 

と公言したんですね。      

 

 

 

 

「1日2食は体に悪い。健康のために朝食を食べよう」      

 

 

 

 

と、抜かしたもうた・・・      

 

 

 

 

 

これで、みんな一日3食食べるっていう風習になってしまったんですね。        

 

 

 

 

 

それでエジソンの作ったトースターは、メチャクチャ売れた!!        

 

 

 

 

 

挙句の果てに、日本も一日2食か1食しか食べなかったのに、3食になったわけです。

 

 

 

 

 

 

発明家の平賀源内もエジソンも、食べる理由を、普通のように作っているだけですよね?

 

 

 

 

 

 

ただ理由をエジソンと源内に作られてるだけですからね。

 

 

 

 

 

 

 

だから僕たちだって、自分の店も、いろんな行くまたは、利用する理由を作ることができるんです。

 

 

 

 

 

僕の仲間も、新町も、無理くり作っただけです。      

 

 

 

 

 

 

だから再来店してくれるようになりました。  

 

 

 

 

 

でも多くのお店は、何もお客さんに対してしてないんです。

 

 

 

 

 

 

だから再来店しない。

 

 

 

 

 

 

ただただお客さん来るのを待っているんじゃなくて。

 

 

 

 

 

 

 

自分から働きかけて、お客さんを集めることって大切なんです。

 

 

 

 

 

 

そして再来してもらう理由を作っていく必要があるわけですね。

 

 

 

 

 

今、あなたのお店は、お客さんのリスト何件ぐらいありますか?

 

 

 

 

 

顧客名簿でもいいでしょう。

 

 

 

 

 

 

もしお客さん名簿を持っているのにも関わらず、その名簿に対して何も働きかけもしてなかったら。

 

 

 

 

 

 

それこそ今まで本来得られたであろう売上げを、みすみす逃していたことになります。

 

 

 

 

 

        それは、かなりもったいないです。汗        

 

 

 

 

お店にとって顧客名簿は、資産なんですね。        

 

 

 

 

 

まあ、このブログで、口酸っぱく、梅干し野郎かってくらいに言ってきていますので、ご理解いただけるとは思いますが。

 

 

 

 

 

 

 

 

この顧客名簿に対して、お客さんとコミュニケーションを取って。        

 

 

 

 

 

もっともっとお客さんと人間関係を構築していただきたいんですよね。      

 

 

 

 

 

なので必ずお客さんに、おせっかいなくらいしてあげてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それぐらいが丁度いいんです。

 

 

 

 

 

 

行く理由を、利用する理由を作ってあげてください。

 

 

 

 

 

 

サザエさんの三河屋さんって知ってます?

 

 

 

 

 

 

 

 

三河屋さんのサブちゃんってすごいじゃないですか。

 

 

 

 

 

 

三河屋さんのサブちゃんのようにお節介になれ!!

    出店:JapaneseClass.jp https://japaneseclass.jp/trends/about/%E4%B8%89%E6%B2%B3%E5%B1%8B              

 

 

 

 

 

サザエさん、そろそろお醤油切れたでしょってねぇ?

 

 

 

 

 

 

勝手に玄関の裏口入って。

 

 

 

 

 

 

あれ本来なら、犯罪ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

勝手に人の玄関や裏口を開けたら。

 

 

 

 

 

捕まってしまいますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、そんな事ができる、サブちゃんは。

 

 

 

 

 

 

 

それだけお客さんとの関係が出来てるから。

 

 

 

 

 

 

ああサブちゃんありがとう!!

 

 

 

 

 

 

そうね切らしてわねぇと。

 

 

 

 

 

 

 

何度も何度も、再利用してもらっているわけです。

 

 

 

 

 

 

 

これって単なる、おせっかいですよ。

 

 

 

 

 

だから、お客さんに節介をしてあげてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからって、信頼関係できてないのに、いきなり家に押しかけるってのは、まずいです。      

 

 

 

 

 

ええ。まずい。       そりゃまずい。      

 

 

 

そりゃ、恋愛でたとえれば、いきなり家に電気がついた時に、電話をかけて。        

 

 

 

 

 

「おかえりぃー! いま電気がついたからぁ〜 ってくらいストーキングっ!!」        

 

 

 

 

 

そうじゃなくて、やることは。      

 

 

 

 

「あなたに興味がありますよ!!」      

 

 

 

 

 

って段階。      

 

 

 

 

 

「なんか、手がいることがあったら言ってね!」って      

 

 

 

「これがあったら、助かると思って連絡したよ!」って          

 

 

 

 

っておせっかいなくらいに、相手を思って、連絡をやってあげること!!        

 

 

 

 

嫌われるどころか、相手を思ってやってあげれば、たとえ無差別に皆に送ったはがきやメールでも。        

 

 

 

 

ビックリするほど、ありがとうって言ってくれます。        

 

 

 

 

 

これにはビックリしました。汗      

 

 

 

 

 

 

だって普通に考えて、毎月お客さんに連絡したら、嫌われるかもって考えるのって普通じゃないですか?          

 

 

 

 

 

 

でも、実際そうじゃない。        

 

 

 

 

 

 

やってみると、そんな考えが、コロッとひっくり返るほど、お客さんに喜んでもらえました。        

 

 

 

 

 

 

毎回、売り込みだったら嫌かもしれませんが。        

 

 

 

 

お客さんにプロとして喜んでもらえることや、助かる情報。        

 

 

 

 

 

お店の仲間の近況情報やお店の思い、それってお客さんビックリするほど、喜んでいるんですね。          

 

 

 

 

 

こういった情報って、お客さんは飢えているんです。        

 

 

 

 

 

これにはビックリでした。          

 

 

 

 

 

 

だからそうやって、人間関係をお客さんと、三河屋さんのサブちゃんみたいに、構築していってください。

 

 

 

 

 

 

はいそれが理解できたら次はですね。

 

 

 

 

 

 

大事なことはですね。

 

 

 

 

一人当たりの適正利益を構築せよ!!

                 

 

 

 

 

 

ここでちゃんと予め自分のお店で、確認して置かなければいけないことは。

 

 

 

 

 

 

 

ここでちゃんと適正利益を取れてるかってとことが大事なんです。

 

 

 

 

 

 

ここで言う適正利益というのは。

 

 

 

 

 

 

一人当たりの適正利益のこと。

 

 

 

 

 

 

お客さん一人当たりから、得られる利益のことです。

 

 

 

 

 

ここ5年半前にぐらいに流行ったじゃないですかねぇ。

 

 

 

 

 

 

原価率を50%以上かけるみたいな。

 

 

 

 

「〇〇のイタリアン」とか。        

 

 

 

 

 

もう無謀なことをしてますけども。

 

 

 

 

 

今すいてますけど。

 

 

 

 

 

 

立ちのみだったところが、椅子なんか置いたり。        

 

 

 

 

生楽器の演奏なんかあったり。汗      

 

 

 

 

 

関係者の方いたらすいません。m(__)m

 

 

 

 

 

 

 

ちゃんと予めここで適正利益が取れてないと。

 

 

 

 

 

 

 

どれだけお客さん集めても利益取れないものは取れないですからね。

 

 

 

 

 

 

なぜか?        

 

 

 

 

売上が増えていくって一見嬉しいですよ。

 

 

 

 

 

 

ええ、ええ。  

 

 

 

 

 

 

でも、嬉しいんですけど・・・

 

 

 

 

 

 

結局それに対応するために、オペレーションを整えないといけなくなってくる。

 

 

 

 

 

 

 

人も雇わなきゃなんないし。

 

 

 

 

 

 

 

在庫量も増やすじゃないですか。

 

 

 

 

 

そうすると結局なんにも、利益が残らないんですよ。汗

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう忙しいでけで、堂々巡りの火の車になってしまうんですね。

 

 

 

 

それで負のループ。

 

 

 

 

 

こっちとら、擦り切れるほど働いたっつーの!        

 

 

 

 

こっちとら、吐くほど働いたっつーの!        

 

 

 

 

そんだけ働いて、一日わずか利益20円。  

 

 

 

 

 

 

 

同じことの繰り返しになってしまうんですね。

 

 

 

 

 

 

増えたぁ〜って!

 

 

 

 

 

良かったぁ〜って!

 

 

 

 

 

でも人が足りないーって!

 

 

 

 

 

 

在庫も増やさなきゃいけないーって!

 

 

 

 

 

結局お金が残らない・・・

 

 

 

 

 

じゃあまた増やそうーって。

 

 

 

 

 

もうやってもやっても、きりがないんですよね。汗

 

 

 

 

 

だから大事なことは、必ずここで適正利益を取れるようにするってことです。

 

 

 

 

 

つまり、粗利益をちゃんと取れるように、予めしておくこと。

 

 

 

 

つまり粗利益っていうのは。

 

 

 

 

 

「粗利益」=「売上」ー「原価」 

 

 

 

 

 

 

売り上げ引く原価ですよね?

 

 

 

 

 

 

これが粗利益です。

 

 

 

 

 

 

ちゃんとこれが取れる状態にしとかないと、働けど働けど儲からない。

 

 

 

 

 

 

なので不当な安売りをしてしまったらダメなんですよね。

 

 

 

 

 

もし安売りしてしまうと、一人当たりの利益も取れないんですけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新町も過去に経験があるのですが。      

 

 

 

 

 

過去の新町を含め、多くの安売り集客をしたお店の現状というのは。

 

 

 

 

 

 

それ以上に安売りだから、来店するってお客さんが集まりますよね。

 

 

 

 

 

そうするとどういうことになるかと言いますと。

 

 

 

 

 

 

 

そもそも集まったお客さんは、値段が魅力で来店しているのです。      

 

 

 

だから、値段が魅力なので、そもそも再来店してくれるお客さんを集めているわけじゃないんですよね。

 

 

 

 

 

集めているお客さんは、再来店しないお客さんたちなんです。汗

 

 

 

 

 

 

      そういったお客さんは、絶対、定価では買おうとしないんです。      

 

 

 

 

 

それでよくホットペッパービューティーに掲載の、美容室でありがちなのが。

 

 

 

 

 

 

なんと新規客50%offと、こんなことをやっているところがあるんですがね。

 

 

 

 

 

 

もう絶対、再来店しないんですね。

 

 

 

 

 

 

そんな再来店しないお客さんを集めて、楽しいですか?

 

 

 

 

 

 

 

そう思うわけなんですね・・・

 

 

 

 

 

そんな再来店もしないような、お客さんを100人集めたとしても。

 

 

 

 

 

 

例えば1万円の商品をね。

 

 

 

 

 

 

5,000円で売るとするじゃないですか。

 

 

 

 

 

そうすると100人かける5,000円は。

 

 

 

 

 

100人✕5000円=50万円

 

 

 

 

 

 

 

その安売り集客をした結果で、50万円売り上げることが出来るわけなんですけどね。  

 

 

 

 

 

 

 

そうやって半額の安売りによって、稼いだ50万円より。

 

 

 

 

 

 

ちゃんと元値である1万円を、ちゃんと1万円で売って。

 

 

 

 

 

再来店してくれる可能性のある、50人来てもらった方が、楽でよくないですか?

 

 

 

 

 

 

ってことです。

 

 

 

 

 

朝から晩まで長時間でね、働いて、人を多く使ってあくせく働いて。

 

 

 

 

 

 

人件費と働く時間、利益を稼ぐ手間が、全部2倍に増えるわけです。      

 

 

 

 

 

 

どうせ同じ50万円稼ぐのだったら。

 

 

 

 

 

 

どういう50万円の稼ぎ方の方がいいのか、是非考えてみていただきたのです。

 

 

 

 

 

 

それで正規の値段でこうやって1万円で買ってくれる人の方が、店販商品も買ってくれるんですよね。

 

 

 

 

 

 

つまり結局単価が上がるんです。

 

 

 

 

 

 

そして喜んでくれんです。

 

 

 

 

 

 

 

再来店もしてくれるんです。

 

 

 

 

 

でも割引して集めたお客さんほど、経験上、文句が多いですから・・・

 

 

 

 

 

新町としたらせっかく割引してあげたのにって、思ってたんですけども。

 

 

 

 

 

 

値段が安くなればなるほど、お客さんの質は悪くなったんです。

 

 

 

 

 

 

そしてかなり安くしてるのに、さらに値段が高いから負けろっていうお客さんが多くなったんです。        

 

 

 

 

これは、僕だけじゃなく、多くの安売り集客をしているお店の現状です。

 

 

 

 

 

 

 

だから100人も相手にしないといけないので、肉体的に疲れるわ。

 

 

 

 

 

 

おまけに、文句も言われるわ。

 

 

 

 

 

そして精神的に疲れるわ。

 

 

 

 

 

それでお金はあまり残らないですし・・・

 

 

 

 

 

だって100人相手するには、当然人も増やさなきゃならないですからね。

 

 

 

 

 

 

材料も、経費は上がってます。

 

 

 

 

 

ドツボにはまるよ、ということです。

 

 

 

 

 

優良なお客さんを獲得する4つのステップ

           

 

 

 

 

そういった意味で考えていきますと。

 

 

 

 

小さなお店は、どうやればいいのか?        

 

 

 

 

 

これが、課題になってきますよね?            

 

 

 

 

結論から言いますと。              

 

 

 

それは・・・              

 

 

 

 

 

 

いかに優良なお客さんを獲得するかが大事なってくるんです。

 

 

 

 

 

 

そこで小さなお店が、売上改善でやっていただくことは。

 

 

 

 

 

 

 

この各段階のお客さんの行動に対して、それぞれの対策を取ってもうということと。

 

 

 

 

 

 

そして労働時間を減らしながら、社長本来の仕事をしてもらって。

 

 

 

 

 

ちゃんと利益を残してもらうってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

これが小さなお店が生き残るための、戦略です。            

 

 

 

 

 

 

これらの戦略を実現するためには、小さなお店は、どうすればいいのか?            

 

 

 

 

何が必要なのか?          

 

 

 

 

 

 

それでこれらを実現するために何が必要かっていうと。

 

 

 

 

 

 

①この儲かる仕組みを作ること

 

②販売を促進する活動をしていくこと

 

③全て言葉で①②を全部言葉でメッセージを伝えること

 

 

 

 

 

これだけなんですね。

 

 

 

 

 

 

 

いつも言ってる、社長の仕事ってヤツです。汗    

 

 

 

 

 

 

だからこのお客さんに自分たちの魅力を、伝えることっていうことに意識して下さい。

 

 

 

 

 

 

あなたが今のお店をやっていると思いますが。

 

 

 

 

 

 

当然ですが、あなたのお店の収益というのは、来店しているお客さんがいるからですよね?            

 

 

 

 

 

その来店しているお客さんというのは、すべてあなたが発信している、または伝えている情報に反応して来店しています。

 

 

 

 

 

 

つまり、あなたの伝えていることへの結果です。

 

 

 

 

 

以前新町のお店に来ていたお客さんは、どんなお客さんが来店してくれているのかを振り返って考えてみますと。

 

 

 

 

 

 

以前の新町は、いや〜こういうお客さんじゃ本当はないんだけどなぁって思っていたんです。

 

 

 

 

 

 

 

そして後から気付いてみると。            

 

 

 

 

 

結局自分自信でお店の発信していたメッセージの結果に、反応してくれているお客さんが来店していただけだったんですね。              

 

 

 

 

 

つまり何を変えるべきなのか?            

 

 

 

 

重要なことは、得たい理想のお客さんが来てくれるような、メッセージを投げかけるってことを意識することなんです。
(これが全ての集客の基本になります。)m(__)m          

 

 

 

 

 

決して、集客するためには、割引だ!!ってことではありません。              

 

 

 

 

 

 

これは、間違わないでください。          

 

 

 

 

じゃあその儲かるために、何を、どの順番に改善をすればいいのか?            

 

 

 

 

 

 

我々仲間がここまで短期間で、着実に成果を出してこれたのは。            

 

 

 

 

 

 

まず、最初に。          

 

 

 

 

 

 

まずさっき言った、一人あたりの適正利益を上げていくってことです。            

 

 

 

 

 

 

でも多くのお店は、まず最初に、たくさんのお客さんを集めたがるんですよ。

 

 

 

 

 

だけど、一人あたりの利益がとれてない状態で、いくらお客さんを集めようが。

 

 

 

 

 

 

なにをやっても儲からないですよね?            

 

 

 

 

だって集客だって、手間と、お金と、時間がかかっているので。            

 

 

 

 

 

そこに収益が出来なければ、すべての集客活動は無意味になります。          

 

 

 

 

 

なので、まずはお客さん一人あたりの適正利益を、チャンと取れる状態にすること。            

 

 

 

 

その後に、お客さんを集めることなんですね。 (かなり新町は重要なことを言っています。)汗

 

 

 

 

 

なので最初は、客単価を上げること。

 

 

 

 

 

 

そして集客や客単価を上げるためには、この伝えるっていうことを学ぶのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

「伝える」ってことは何か?        

 

 

 

 

魅力の伝え方のことです。

 

 

 

 

 

なので、この伝え方の大切さをこのブログでお話しています。

 

 

 

 

 

集客だって、客単価を上げることだって、リピートしてもらうためだって全部伝えることから、始まります。          

 

 

 

 

なんだ伝えることかよ。          

 

 

 

 

って言う人は多いのですが。            

 

 

 

 

 

知っているよって思ってやらない方が多のですが。            

 

 

 

 

 

ちゃんと練習した人が、全体の売上を上げていけていますね。  

 

 

 

 

 

 

そして適正利益を上げて、伝える力を付けると。

 

 

 

 

 

 

その上で今度は、再来店する仕組みを作ります。          

 

 

 

 

その再来店の仕組みを作ることが出来たら。            

 

 

 

 

やっと最後に、新規のお客さんを集めていきます。

 

 

 

 

 

これが小さなお店の儲かるお店の作り方です。

 

 

 

 

 

 

これが小さなお店が儲かるお店を何をどうやって、どうして作っていくかの順番です。

 

 

 

 

 

 

だからステップとしたらまず第一ステップは適正利益を上げられるようにすると。

 

 

 

 

 

 

 

そして第2ステップは、伝えることを覚えて客単価を上げる。  

 

 

 

 

 

そして第3ステップは、再来店の仕組みを作る。

 

 

 

 

 

 

そして4番目は、新規のお客さんを増やす。

 

 

 

 

 

 

こういう流れになっていきます。

 

 

 

 

 

これが最も売上をスムーズにあげていくために必要な流れです。

 

 

 

 

 

あともう一つ理由があるんですが。

 

 

 

 

 

今すぐできて簡単にすぐ結果が出ることから改善

             

 

 

 

 

それは、この客単価を上げることを、2番めのステップにやる理由は。

 

 

 

 

 

今すぐその場でできて、結果がすぐに出やすいんです。

 

 

 

 

 

なぜ、多くの人が途中で、儲かる仕組みづくりで、挫折しちゃうかっていうと。

 

 

 

 

 

今すぐ簡単にできて、成果が出る方法をやらないからなんです。

 

 

 

 

 

だから成果が出るまでに時間がかかったり。

 

 

 

 

 

今の自分のレベルよりも、難しい方法をやろうとしてしまうから。

 

 

 

 

 

 

途中で不安になってきて、諦めてしまうんですよね。

 

 

 

 

 

本当にこのやり方でいいのかなって。

 

 

 

 

 

だから途中でやめちゃうわけですよね。

 

 

 

 

 

たとえば、新人のスタッフに、何か新しい物事を教えようとする時に。

 

 

 

 

 

 

いきなり難しいことをやらせますでしょうか?

 

 

 

 

 

 

基本的で、簡単なことからさせるはずですよね?

 

 

 

 

 

 

 

当然ですが、物事を習得する階段っていうのは、急な階段登れないんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

千里の道も一歩から

  千里の道も一歩からとは、どんなに大きな事業でも、
まず手近なところから着実に努力を重ねていけば
成功するという教え。

 

 

 

 

 

 

     

 

 

 

 

 

こんなこんな階段を登るのって大変ですよね?

 

 

 

 

 

だから階段の段差を低くしてあげる必要がありますよね?

 

 

 

 

 

           

 

 

 

 

 

挫折しないで、成長していくためには。

 

 

 

 

 

 

だから私たち経営者は同じ例えば売上100万円だとしたら。

 

 

 

 

 

 

どんな方法だとしても、100万円は100万円なんですよね。

 

 

 

 

 

 

だったら今すぐ簡単にできて、成果が出る方法で100万円とった方がいいじゃないですか。

 

 

 

 

 

 

経営で必要なのは、すべて結果ですから。

 

 

 

 

 

本当に儲かる会社の社長さまとは?

         

 

 

 

 

 

そして我々がこれまで、親や学校教育やメディアで、間違った概念を植え付けられ来たことってあるんですよね。

 

 

 

 

 

 

これが僕たちの成功を邪魔する、植え付けられてきた間違った教育だったりするんすが。    

 

 

 

 

 

 

多くの人が、なんか楽しちゃいけないみたいに思う方がいますけども。

 

 

 

 

 

 

そもそも楽しちゃいけないって誰が決めたのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

それって今までの教育から来る、勝手な思い込みなんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

刷り込まれているわけです。

 

 

 

 

 

 

でも、儲かっている社長ほど、楽してます。

 

 

 

 

 

 

 

それはなぜか?

 

 

 

 

 

それは・・・

 

 

 

 

 

だってこの儲かる仕組みが、勝手に売り上げを作ってくれるから・・・

 

 

 

 

 

 

販売の促進する活動をやれば、お客さんが勝手に来てくれて。

 

 

 

 

 

そして勝手に商品を買ってくれたり、成約してくれて。

 

 

 

 

 

 

 

勝手に再来店してくるわけですね。

 

 

 

 

 

 

だから仕組みができている社長ほど、電話も鳴らないんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

なんか一見、電話が、いっぱい鳴ってきている社長ってやり手。

 

 

 

 

 

なんとなく、すごく優秀に働いてるように見えますけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホラ、それって実は、社長が何もかもしなきゃ何も回らないって、愚民ならぬ愚会社だって言ってるようなものですからね。汗              

 

 

 

 

 

でも、そうじゃない。

 

 

 

 

 

 

 

そうではなくて、本当は社長が暇な会社ほど、儲かってるってことなんですから。

 

 

 

 

 

 

 

だから、販売の促進で、勝手にお客さんが連れてきてくれる仕組みができているから暇なんですよ。                

 

 

 

 

 

 

社長が暇な会社は、ちゃんと仕組みが出来ている、秀逸な会社だってことなんですから。                

 

 

 

 

 

 

どうでしょう、ご理解いただけたでしょうか?        

 

 

 

 

 

 

そうなんですよね。

 

 

 

 

 

 

だからこのブログっていうのは、見た目の満足度を追求してません。

 

 

 

 

 

 

 

何かね、一生懸命働いた〜って満足感ありますけど。

 

 

 

 

 

 

やった~今日もよく頑張ったぁ〜みたいに思いますけどね。

 

 

 

 

 

 

 

どうせ多くのお店は、自店の技術や商品の知識を高めるためで、精一杯ですから。

 

 

 

 

 

 

そして多くのお店は、そんな販売の促進なんてやらないですから。

 

 

 

 

 

 

だから、すぐ結果が出て、ライバルに勝てます。

 

 

 

 

 

 

 

だから何よりも、今すぐできて、成果が出る方法を中心に実行していただきたいのです。

 

 

 

 

 

 

 

そしてこのブログはこれからも、お客さんの原理原則、売り上げが作れる原理原則の話をしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

だから、ほかのブログで経営について書いてある、○んこみたいな情報をいくら知っても、再現できないんです。汗

 

 

 

 

 

 

 

でも、このブログはあなたに一生使える生きた情報をね。

 

 

 

 

 

 

 

プレゼント・フォー・ユー+++++!なんですよ。

 

 

 

 

 

 

そしてこの情報を知ってもらって、売上を作り出す改善能力を自ら身につけてもらうってことを、主観に置かれています。

 

 

 

 

 

 

 

だって他のブログの情報なんて所詮、一回読んだら、何の記憶もなく終わってますからね。

 

 

 

 

 

 

 

記事を読み終わったらもう、私は何もできませんじゃあ意味ないですから。

 

 

 

 

 

 

 

このブログで、いつでも、これからずっと使える考え方、ノウハウを学んでいただいて。

 

 

 

 

 

 

 

 

実際にその間活動していただいて、成果を出してもらうということですね。

 

 

 

 

 

 

 

そうするとあなたの、自信になって、もっとやろうと思うわけです。

 

 

 

 

 

 

 

ということです・・・

 

 

 

 

 

 

 

それでじゃあ実行すれば、本当に成果が出るのって。

 

 

 

 

 

 

それは分かりません・・・

 

 

 

 

 

 

なぜなら、実行してもらえなければ始まらないからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

つまりあなたは、知った情報を行動するっていうことです。

 

 

 

 

 

 

 

つまり何が成果をもたらすかっていうと。

 

 

 

 

 

つまりは、すべの結果は、行動次第なんですね。

 

 

 

 

 

 

 

だからあなたには、行動していただきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

なのであなたの売上を、ガンガン伸ばしていただきたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

そしてあなたのライバルに、絶対に打ち勝っていただきたいと願っています。

 

 

 

 

 

最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございます。m(__)m

 

 

 

 

 

 

共に成長しましょう!!            

 

 

 

 

 

応援しています。        

 

 

 

 

 

新町

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
小さなお店の仕組み