にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

平日や閑散期の集客アイデアでこんな間違いをしていませんか?

目安時間 51分

 

 

 

こんにちは。    

 

 

 

朝寒かったので、寒さをしのぐために。        

 

 

 

 

車でコンビニに、モーニングコヒーを買いに行きました。        

 

 

 

 

寝ボケていたせいか。      

 

 

 

 

間違ってクーラーを入れていて、朝から捨て犬みたいにブルブルとなってしまった新町です。        

 

 

 

 

でもその後のコンビニのコーヒーがメチャクチャうまかったからまあいいかぁ〜!?      

 

 

 

 

 

なぜ!?平日や閑散期でうまく集客できないのか?

                     

 

 

 

毎回このブログで、伝えることは大事だよーぉー!          

 

 

 

 

よーくかんがえよぉーって言っていますが。        

 

 

 

 

いい加減分かったよと!!        

 

 

 

 

お前の主張は、いつも一緒だと!!        

 

 

 

 

どのコンテンツ観ても、言ってること一緒じゃねえかぁと!!        

 

 

 

 

 

まるで、水戸黄門のクライマックスくらい毎回一緒だなと!!          

 

 

 

 

 

そんな風に思っているかも知れません・・・        

 

 

 

 

まあ、新町も思うところがあるんですよね。汗        

 

 

 

 

 

新町も18年間、店舗経営をずっとやってきましたから。汗        

 

 

 

 

実は新町は、カッコよく商売したかったんですよね・・・        

 

 

 

 

 

だから、自ら来てって!!      

 

 

 

 

 

美味しいのがあるよって!!      

 

 

 

ボールは友達だよって!!!        

 

 

 

 

 

伝えることは、カッコ悪くてできねぇーって思っていました。        

 

 

 

 

もう看板出さずに、隠れ家的なお店で知る人ぞ知るみたな・・・        

 

 

 

 

もうドアから、コンコン♪        

 

 

 

 

「誰だぁ!?」        

 

 

 

やまぁ〜!!」      

 

 

 

 

「かわぁ〜!!」      

 

 

 

 

ガチャッ的な・・・      

 

 

 

 

 

 

「ココロのスキマ お埋めします」      

 

 

 

 

って、BAR魔の巣かってくらいに秘密に・・・        

 

 

 

 

 

 

それでも紹介紹介で、お客さんいっぱいみたいに!!      

 

 

 

 

 

 

理想でしたね。      

 

 

 

 

 

 

まあでもあるんですよ。          

 

 

 

 

 

僕も看板出さずに、何年も経営をやれていたことが。          

 

 

 

 

 

 

それでもお客さんも、まあそこそこ入っていましたし。          

 

 

 

 

 

だから別に伝えないでもやれるってことは、実店舗型ビジネスならできることは知っています。          

 

 

 

 

 

でもですよ・・・        

 

 

 

 

 

売り上げをコントロールすることは、出来なかったですね。        

 

 

 

 

 

ホラ!!      

 

 

 

 

 

 

お客さんって、決まって来るじゃないですか。        

 

 

 

 

 

もうゲルマン人の大移動かってくらいに。        

 

 

 

 

 

もう西へ西へと、移動するあの感じ。        

 

 

 

 

 

 

 

そうアレ。      

 

 

 

 

 

 

でも店舗ビジネスって、暇な時はかなり暇で、ガッと来る時は一気に攻め入れられる感じじゃないですか。汗        

 

 

 

 

 

 

 

 

ちくしょぉ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ぉ!        

 

 

 

 

 

きやがったーーーーっ!      

 

 

 

 

 

ってくらいに。        

 

 

 

 

もうイナゴの大群が何時間も、押し寄せてくる感じ・・・    

 

 

 

 

 

 

 

 

       

 

 

 

それでも、店舗って箱型のビジネスなので、面積や席数にも限りがあって。          

 

 

 

 

よほどの大型店じゃないと、箱の大きさが足りなくて入りきれない。汗          

 

 

 

 

当然、一挙に攻め込まれるような、ゲリラ戦に弱い・・・            

 

 

 

 

 

 

すぐにお店のオペレーションはパンクして、もう必死!!          

 

 

 

 

 

お断りを入れたり・・・        

 

 

 

 

 

まだかって即されたり・・・        

 

 

 

 

もうひたすらバタバタと・・・        

 

 

 

 

サービスなんて、まともにできるような状態ではありませんよね?          

 

 

 

 

 

それが終わると・・・        

 

 

 

 

 

なんでもっと暇な時に、平均して来てくれないのかなって、思っちゃいます。汗        

 

 

 

 

 

まとめて来るから、入りきれなくて、儲かりにくいんじゃあぁ〜。        

 

 

 

 

 

もう取りこぼしが多いし・・・          

 

 

 

 

 

でもそんなことって、一年に何度か。        

 

 

 

 

 

そして閑散期には、ひたすらジーっと、邪念を殺してひたすら禅僧のように待つ。(-_-)            

 

 

 

 

でも・・・        

 

 

 

 

もうそんな時は、邪念しか出てこない・・・(-_-;)          

 

 

 

 

 

いや、暇だなー。          

 

 

 

 

 

なんであの時のお客さんが、今来てくれないのかなって・・・          

 

 

 

 

もう、ぼん悩なんて、除夜の鐘の数だけ108つ以上、出てきますから。          

 

 

 

 

 

でもですね。            

 

 

 

 

 

この繁忙期と閑散期を打破すするには。          

 

 

 

 

 

または、曜日だってありますよね?          

 

 

 

 

 

金、土で忙しいとか、平日が忙しいとか、土、日が忙しいとか。          

 

 

 

 

 

 

オフィス街なんかは、平日忙しくても、週末や日曜日がヒマっていうところもあります。        

 

 

 

 

 

だから多くのお店は、平日にできるだけお客さんに来てもらいたい。        

 

 

 

 

 

それで多くのお店は、暇なときにどうにかしたいって、思うんですよ。          

 

 

 

 

分かります。          

 

 

 

 

 

忙しい時は勝手に来てくれるから、暇な時に来てもらいたい・・・            

 

 

 

 

 

これって、多くの店舗経営者の切実な想いだと思うんですよ。          

 

 

 

 

だから多くのお店の社長様は、暇な時になんとかしようとして、広告を打ったり、キャンペーンだとか考えるんですね。汗            

 

 

 

 

だって忙しい時って、黙っててもお客さん来てくれますし、広告を打ってたくさん来ても、もう受け入れるキャパがないって考えてしまって、当然といえば当然です。            

 

 

 

 

 

 

でもこれって売れ残りの12月25日のクリスマスケーキと一緒なんですね。          

 

 

 

 

 

 

いくら安く売ったとしても、当日を過ぎたら売れない・・・        

 

 

 

 

 

なぜならば、お客さんは、もう時期がズレていて買う必要がないからです。        

 

 

 

 

 

 

それと一緒で、繁忙期って、あなたのお店に行く理由があるから、多くの人が来店してくれているんですよね。          

 

 

 

 

 

だから、多くの人が来てくれているんですよね。          

 

 

 

 

 

でも、店舗で言えば、2月なんかヒマなところ多いですよね?        

 

 

 

 

 

そんな時に集客しても、来ないんですよね。        

 

 

 

 

 

多くのお店の社長様は、そんな時期になんとか集客しようとして、頑張ります。          

 

 

 

 

でも、        

 

 

 

 

「いやー、来ないな・・・」      

 

 

 

 

「なんでだろうなーぁっ」        

 

 

 

 

 

そりゃぁ、当然です・・・        

 

 

 

 

 

売れ残ったクリスマスケーキと一緒で、行く理由がないんです。汗        

 

 

 

 

そんな時期に、      

 

 

「来てー!」      

 

 

 

 

「来てー!」      

 

 

 

「来てー! 来てー!サンタモーニカー!」      

 

 

 

 

つっても来ないんですね。汗          

 

 

 

 

別にサンタモニカや、桜田淳子が悪いって言ってるわけじゃなくて。            

 

 

 

 

じゃあ、どうするか?        

 

 

 

 

それは・・・      

 

 

 

 

 

閑散期、平日の効果的な集客方法!!

                   

 

 

 

 

繁忙期、週末に、集客を集中的に強化する!!      

 

 

 

 

・集客法その1   繁忙期に集中して集客し、できるだけ大きな山を作る
(平日集客を考えているなら、週末も繁忙期と同様に大きく集客)
   

 

 

・集客法その2   忙しくても、しっかりとリストを取り、その後の施策に続ける    

 

 

・集客法その3   繁忙期を月から起算して、2ヶ月後分のキャンペーを行う
(12月なら、1月、2月まで、平日集客なら、週末に集めて、平日お得プランなどのキャンペーン)
         

 

 

ワオォオ!!     モウレツゥ!!    

 

 

 

 

繁忙期、週末時期に集中して集客し、できるだけ大きな山を作る

             

 

 

 

 

まず、1つ目。          

 

 

 

 

・繁忙期時期に集中して集客し、できるだけ大きな山を作る        

 

 

 

 

これに関しては、多くの人があなたのお店に行く理由がある期間。      

 

 

 

 

 

これが、繁忙期だということですね。      

 

 

 

 

 

多くのお店の繁忙期は、だいたい12月、1月、3月、8月この辺が、店舗型ビジネスの繁忙期です。        

 

 

 

 

 

ここででくるだけ集客を集中して、強化するんです。        

 

 

 

 

 

この時期はどんなに忙しくても、集客の期間とお考えください。      

 

 

 

 

 

この時期は、大きなお客さんの流れが当然起こるわけです。      

 

 

 

 

 

 

つまり集客をエスカレーターで例えると。      

 

 

 

 

 

閑散期にいくら集客しても、下りのエスカレータを歩いて上っているようなもの。        

 

 

 

 

 

なかなか進みませんし、疲れます。      

 

 

 

 

 

 

だから、集客しにくいし、お金を使って経営的に疲れます。汗        

 

 

 

 

 

 

一方、繁忙期の時の集客は、登りのエスカレーターを、歩いて登るくらい、普段より集客は容易になります。        

 

 

 

 

 

 

なので立っているだけで前に進みますし、歩いて登ると更に早く登れます。      

 

 

 

 

 

だから、黙っていても集客できやすい状態だし、ちょっとの働きかけで、より効果的に集客できます。      

 

 

 

 

なのでこの繁忙期期間は、その優位性を使って、さらに普段より、経営資源をかけて、集中的に強化して大きなお客さんを呼び込むのです!!        

 

 

 

 

 

もうキャパ以上、マックスです!!      

 

 

 

 

 

いぜんの新町のお店は、飲食店でしたので。      

 

 

 

 

 

集客を、12月、3月、8月に強化しておりました。      

 

 

 

 

もうどれくらいって言ったら。      

 

 

 

 

 

ガンガンです。      

 

 

 

 

 

もうガンガンガンです。汗      

 

 

 

 

 

やはり、普段より多くのお客さんが、ガツンと入るんですね。      

 

 

 

 

 

もうスタッフは忙しいし、お店、回せないからやめてください!!      

 

 

 

 

 

 

って言われるくらいにやりました。      

 

 

 

 

また他のスタッフは、ドカタよりキツイっすぅ!!      

 

 

 

 

 

まあ、でもそう言いながらも、みんな頑張ってくれましたよ。      

 

 

 

 

 

 

そこで多くの集客ができたので、グーンと大きな集客の山が出来ました。

 

 

 

 

 

 

               

 

 

この黒い点が12月の集客による客数ですね。
(平日集客をお考えの場合は、週末と置き換えてお考えください。)        

 

 

 

 

そして赤の山は集客を繁忙期に集中的に集めて、大きく集客数の山を作った場合です。      

 

 

 

 

 

続いて青の山は、何もしない状態なので、12月の集客の山は小さい場合です。      

 

 

 

 

 

たいてい、12月、1月を過ぎて、2月の閑散期に入って客数は落ち込んでいきますが。        

 

 

 

 

一回大きく、繁忙期に集客した客数の山も、閑散期に向かって、同じ下降線をたどります。        

 

 

 

 

明らかに一度客数を大きく山を作った分だけ、客数が閑散期にでも、客数が維持しやすくなります。      

 

 

 

 

これが1つ目の閑散期と週末の集客法その1です。      

 

 

 

 

 

忙しくても、しっかりとリストを取り、その後の施策に続ける

           

 

 

 

そして2つ目。          

 

 

 

・忙しくても、しっかりとリストを取り後に続ける          

 

 

 

 

もうどんなに忙しくても、リストを取っていただきたいと思っています。        

 

 

 

 

繁忙期や、週末は、新たなお客さんがきやすい期間です。          

 

 

 

 

一回来店しているのに、そのまま帰すのは、かなりもったいないです。汗            

 

 

 

 

我々は、顧客リストを集めるために、ビジネスをしているって言っても過言では有りません。    

 

 

 

 

 

商品はリスト集めの道具だ! 

ダン・ケネディ:アメリカの偉大なマーケッター

 

 

 

 

 

我々のビジネスの目的は、リストを集めるためだと考え、一度来店したお客さんを、後からもコンタクトを取れる状態にして。        

 

 

 

 

 

すべてのビジネスに無駄をなくすことです。       せっかく苦労して集めたお客さんを、何もしないで返してそれっきり・・・      

 

 

 

 

 

これじゃあ、もってぇねぇ〜。       ええ。          

 

 

 

 

 

ビジネスにおいてのリストの数は、資産なんです。        

 

 

 

 

 

毎月リスト無しで、ゼロからスタートさせて、月間の売上を上げる場合と。        

 

 

 

 

 

 

毎月500人のリストに連絡して、月間の売り上げを上げる場合とは。        

 

 

 

 

 

もう認知度は、500人以上の差が出るので、結果は明らかですよね?        

 

 

 

 

 

もうそれって、ズル!!      

 

 

 

 

 

ズルズル!!        

 

 

 

 

 

 

だけど、サロンや教室、美容室、医院などは、リストは取りやすいですよね?        

 

 

 

 

 

 

だって、顧客カルテや、申込書、などがありますから。        

 

 

 

 

 

でも飲食店や販売店ってなかなか、リストって取りにくいんですよね。        

 

 

 

 

もうお客さんに、お酒なんか入っていたら、「けっ!!  めんどくせぇー!!」ってな感じでしたから・・・            

 

 

 

 

 

 

じゃあ、新町はどうやって取っていたのか?            

 

 

 

 

 

 

それは・・・          

 

 

 

 

 

 

基本、声掛けしてアンケートを取っていました。        

 

 

 

 

 

 

プレゼントを渡したりして!!        

 

 

 

 

 

それと店内に、もうポップやらメニュー、トイレ、入り口にと雨あられ!!          

 

 

 

 

LINE公式アカウント、友達募集中!!っていって年中やっていました。          

 

 

 

 

 

 

アンケートとるよりも、比較的気楽に応じてくれるんです。          

 

 

 

 

 

 

もちろん、クーポンを付けたり、料理レシピのPDFとか付けちゃったりしてやっていました。          

 

 

 

 

でもですね、ここで気をつけたいのは・・・          

 

 

 

あまり大きな声で言えませんが・・・      

 

 

 

 

「LINEだけじゃなくて、チャンと住所をてにいれるってことです。」     はい。      

 

 

 

 

 

 

 

さっき言いましたよね!?        

 

 

 

 

 

ビジネスにおいては、リストは資産だって・・・        

 

 

 

 

 

だからLINEだけだと、もし何かあったら、連絡取れなくなる可能性がありますよね。        

 

 

 

 

 

たとえば、アカウントがバン!!    

 

 

 

 

パスやIDの記憶がバン!!    

 

 

 

 

 

サービス提供がわけあってバン!!        

 

 

 

 

 

そんなことがバンバン起きる可能性が無きにしもあらずってこと!!        

 

 

 

もう、      

 

 

 

「マンギョンボン号!     マンセー!! 」      

 

 

 

 

 

ってことになるかも知れないってことです。        

 

 

 

 

 

 

新町が使っていたLINEは、最初は、ラインアットっていうサービスで。        

 

 

 

 

 

約2年前から、ライン公式アカウントっていうサービスに変えられました。        

 

 

 

 

 

何が言いたいかというと。        

 

 

 

 

ようは特定のプラットフォームを使っていると、向こうの意向で勝手に変えられるから、危険ですよってこと。          

 

 

 

 

 

 

 

まあたまたま、サービスの趣旨の変更でありましけど、向こうの意向で簡単に変えられるわけです。        

 

 

 

 

 

だから、資産を守る必要があるんです。        

 

 

 

 

つまり、、、        

 

 

 

ちょっと耳を貸してください。汗  

 

 

 

 

 

 

 

たとえば、ライン公式アカウントで登録してもらって、そしてクーポンを郵送で送りたいのでって言って、住所をって聞くようにするんです。        

 

 

 

 

 

そうしたら、ラインとはがきDM両方からも連絡取れますし。        

 

 

 

 

 

向こうにバンされても、こっちはもう直接、お客さんに連絡が取れますので。        

 

 

 

 

 

 

こっちから、そんなサービスのアプリケーションなんか、バンしてやればいいんです。        

 

 

 

 

 

そして多くのお店は、いや、そんなことしなくても今どき・・・          

 

 

 

 

 

SNSで連絡取れるし!!        

 

 

 

 

 

フォロワーも数多いし!!        

 

 

 

 

 

こんなことを思われるかも知れません。        

 

 

 

 

でも、こうやってお店から直接送るメッセージは、反応が違うんです。        

 

 

 

 

SNSはSNS、たかがSNS、まあされどSNSですけども・・・        

 

 

 

 

 

もうもはや、何言っているか分かりませんけど。        

 

 

 

 

 

事件はSNSで起きてるんじゃない、直接メッセージから起きてるんだって感じ?          

 

 

 

 

SNSの媒体は、あくまでSNSの多くの中で起きている出来事で、なかなかお客さんは、直接感を感じにくいんですよね。        

 

 

 

 

 

 

それと比べて、直接送るメッセージ、はがきDMやDM、年賀状、ニュースレターってわざわざ感がありますよね?        

 

 

 

 

分かります?         このわざわざ感がすごく大事で、反応があがるんです。        

 

 

 

 

 

お金の方はSNSと比べてかかりますけど。        

 

 

 

 

でも、それ以上の効果があるんです。          

 

 

 

 

 

もちろん、複製できますので、一度に多くの人にお届け!!        

 

 

 

っつう、ことだってできちゃうんです。        

 

 

 

 

 

繁忙期を月から起算して、2ヶ月後分のキャンペーを行う

               

 

 

 

そして3つ目。            

 

 

 

 

・繁忙期を月から起算して、2ヶ月後分のキャンペーを行う
(12月なら、1月、2月まで、平日集客なら、週末に集めて、平日お得プランなどのキャンペーン)
         

 

 

 

 

 

さきほど、2つ目のところで、リストのお話をしましたけど。          

 

 

 

 

できれば、毎月、売り込みより、近況などの情報コンタクトを取るようにしていただきたいものです。        

 

 

 

 

そしてそれをしつつ!!      

 

 

 

 

この繁忙期に、多くのお客さんがお店に来てくれるってことは。        

 

 

 

 

 

多く常連さん、そして多くの新規顧客の流入も見込めるんですね。        

 

 

 

 

 

これらのお客さんに、やはり来店してくれた無駄をなくすことです。        

 

 

 

 

 

ここまでずっと言ってきました通り。        

 

 

 

 

繁忙期は多くの来店者に恵まれます。        

 

 

 

 

 

 

だから2ヶ月さきのクーポンやサービス券を3枚綴りで渡すんです。        

 

 

 

 

 

平日集客も閑散期集客も、週末に平日使うとお得なクーポン、2月分のお得なクーポンを付けていただきたいんです。        

 

 

 

 

 

たとえばプレゼントや、時間帯サービス、時間割増サービスというものを付けていただきたいんですね。        

 

 

 

 

 

そうすると、来店する理由ができます。      

 

 

 

 

 

ここで大事なことは、そのクーポンにちゃんと期限を設けるってことです。        

 

 

 

過去の新町は、クーポンはいつまでも使えた方がお客さんには嬉しいだろうと思って、あまり付けませんでした。        

 

 

 

 

 

 

でもお客さんにとって、いつでも使えるって有り難みがないんですね。          

 

 

 

 

 

 

結局、過去の新町は、お客さんのためになっていませんでした。汗          

 

 

 

 

 

人間は、期限があるから行動するんです。        

 

 

 

 

これいついつまでだ!        

 

 

 

 

やべぇー行かないともったいないって。        

 

 

 

 

 

期限が過ぎてたら、また新しい期限を付けたクーポンを、あげればいいんです。          

 

 

 

 

 

ファミリーレストランのドリンクバーのクーポンも必ず期限がついていますよね??          

 

 

 

 

 

そう。        

 

 

 

 

 

だから、必ず期限を付けてあげてください。        

 

 

 

 

そうして、お得券を付けた施策は、繁忙期の一回の来店を、翌月、翌々月と3回に増やす可能性が高くなります。          

 

 

 

 

 

そうやって、再来店を増やして、閑散期の来店を増やすんですね。          

 

 

 

 

そして、3ヶ月来店したお客さんは特別なプレゼントすると、その条件をクリアーすれば何かが貰える!!        

 

 

 

 

3つ集めれば、何かが貰える!!
(たとえば、3ヶ月で集めるスリーステップカードとか)        

 

 

 

 

 

過去の新町も、プロ野球カードや、キン消し、レコード、収集癖がありましたから・・・汗          

 

 

 

 

 

こうやって射幸心をあおって、達成感を提案してあげると、さらに3ヶ月の再来店を上げて、閑散期や平日の集客になっていきますよ。          

 

 

 

 

 

ここでよく飲食店で、昼間のランチのお客さんを、夜のディナーの集客にしたいという要望があります。                    

 

 

 

 

 

結論から言いますと。          

 

 

 

 

難しいです・・・        

 

 

 

 

 

どれくらい難しいかというと。          

 

 

 

 

さっきの繁忙期の例で言いますと。          

 

 

 

 

 

繁忙期に来てくれた新規のお客さんをさっきのクーポンで、翌月、翌々月と再来店を促すくらい難しいです。            

 

 

 

 

そして多くのお店がそういった施策を考えていますが、上手くいってないんですね。              

 

 

 

 

 

もちろん、今までの、繁忙期と週末のお客さんを、閑散期や平日に集客することは、先まで説明した通り出来ますが。          

 

 

 

 

この昼のお客さんを夜に集客しよう、また逆もしかりです。          

 

 

 

 

夜のお客さんを、昼のランチに集客しようというのは、難しいんですね。汗          

 

 

 

 

なぜならば、        

 

 

 

生活環境が関係してくるからです。汗          

 

 

 

 

昼来るお客さんは、昼に来れるから、昼に来店しているんです。          

 

 

 

 

 

逆に夜来店してくれるお客さんは、夜これるから、夜に来店してくれるんですね。            

 

 

 

 

 

多くの人は、昼と夜にいる場所って、違うんですね。        

 

 

 

 

 

昼は〇〇町の職場、夜は〇〇町の家って具合に、時が変われば、場所も変わるんです。          

 

 

 

 

 

 

この状況から、違った時間に同じ人を集客しようというのは、難しいと考えた方がいいでしょう。          

 

 

 

 

 

今は、テレワークなどで、在宅勤務の人も多いかと思いますが、家でことが済むので。            

 

 

 

 

 

通勤もなく、ついでにって夜にフラッとお店による機会が減ります。          

 

 

 

 

 

昼間時間も、近所のコンビニやお店や銀行がせいぜい・・・          

 

 

 

 

このような生活環境が、同じ人を時間差で呼ぶ集客を、困難にしています。          

 

 

 

 

 

だから難しいんです。汗            

 

 

 

 

いかがだったでしょうか?        

 

 

 

 

何かしらの集客のヒントとなれば嬉しく思います。          

 

 

 

 

 

本当に最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございます。m(__)m          

 

 

 

 

もっとお役に立てる情報を心がけていきます。          

 

 

 

 

 

 

あなたの時間とお金が増えていきますように。          

 

 

 

 

応援しています。        

 

 

 

 

 

新町                            

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
小さなお店の仕組み